片野次雄

東京生まれ。はじめ山岳関係の著作を著し、のち民族学的な見地から僻村の取材を行うかたわら、李氏朝鮮を中心に歴史研究を続ける[2]

片野次雄(かたの つぎお、1935年2月2日[1] - )は、歴史作家。

著書

  • 『秘境ひとり旅』文芸春秋 文春レジャー 1969
  • 『埋もれた旅路』読売新聞社 1971
  • 『山里の秘湯』日本交通公社出版事業局 ベルブックス 1973
  • 『日本列島秘境ベスト24選』旅行読売出版社 たびよみシリーズ 1977
  • 『Pin up 北アルプス』誠文堂新光社 1980
  • 李舜臣秀吉 文禄・慶長の海戦』誠文堂新光社 1983
    • 『李舜臣のコリア史 秀吉の朝鮮出兵の全貌』彩流社 2013
  • 『王国の悲哀 元寇のかげに』誠文堂新光社 1984
  • 世宗大王とハングル 李朝文化の源流をたずねる』誠文堂新光社 1985
    • 『世宗 (セジョン) 大王のコリア史 ハングル創製と李朝文化』彩流社 2012
  • 『戦乱の朝鮮三国 七世紀の百済・新羅・高句麗』誠文堂新光社 1985
    • 『戦乱三国のコリア史 高句麗・百済・新羅の英雄たち』彩流社 2007
  • 徳川吉宗と朝鮮通信使』誠文堂新光社 1985
    • 『善隣友好のコリア史 朝鮮通信使と吉宗の時代』彩流社 2007
  • 『世界歴史紀行 伝統文化を味わう旅 韓国』読売新聞社 1987
  • 『李朝滅亡』新潮社 1994 のち文庫
    • 『李朝滅亡 自主の邦への幻影と蹉跌 1864-1910』彩流社 2010
  • 『日韓併合 李朝滅亡・抵抗の記憶と光復 1910-2010』彩流社 2010
  • 『蒙古襲来のコリア史 高麗王国の悲哀と三別抄の抗戦』彩流社 2013

脚注

  1. 『著作権台帳』
  2. 『蒙古襲来のコリア史』著者紹介
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.