片山正夫

片山 正夫(かたやま まさお、1877年9月11日 - 1961年6月11日)は、日本の物理化学者。

片山 正夫
(かたやま まさお)
生誕 (1877-09-11) 1877年9月11日
日本岡山県
死没 (1961-06-11) 1961年6月11日(83歳没)
国籍 日本
研究機関 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝

人物

岡山県に生まれる。1900年(明治33年)、東京帝国大学理科大学化学科を卒業。1902年東京高等工業学校(現・東京工業大学)電気化学科教授となる。1905年秋から1909年初めにかけてスイスとドイツに留学。チューリッヒ工科大学リヒャルト・ローレンツのもとで電気化学を研究し、可逆電池の起電力がギブスの自由エネルギーであることを明らかにした。ついでベルリン大学のW. ネルンストのもとでボーデンシュタインとともに二酸化窒素および硫酸の解離平衡を研究した。1911年、東北帝国大学理科大学創立とともに教授となり、物理化学講座を担当した。1915年(大正4年)、液体の表面張力と温度との関係式(片山式)を発表した。1915年(大正4年)、物理化学教科書『化学本論』を出版。原子論の立場に徹底する一方、熱力学を有効に取り入れた教科書であった。10編35章からなる1000ページを超える名著であり、最終的には、第10版(1929年)まで版が重ねられた。この『化学本論』には、宮沢賢治が並々ならぬ興味、愛着を持っていたことが、賢治の弟である宮沢清六の著書『兄のトランク』に記されている。1919年、桜井錠二の後任として東京帝国大学に転任した。1920年代後半に量子化学が生まれるといち早くそれを紹介し、水島三一郎をはじめ、多数の物理化学者を養成して1938年(昭和13年)に定年退官した。

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.