燧灘

燧灘(ひうちなだ)は、瀬戸内海中央部、香川県荘内半島愛媛県高縄半島の間を占める海域で、四国側を指す[1]。北は備後灘に接する。

この項目に含まれる文字燧灘は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
亀老山から望む燧灘と石鎚山脈
拡大

Clip
燧灘周辺

東西約60 km、南北約40 kmの海域で、一帯はタイサワラなどの好漁場として知られる。沿岸地域から火打石が産出したことからこの名がついた。沿岸は遠浅の砂浜海岸が発達しており、近世までは無数の干潟が見られたが、これらはほとんど戦後になって工業用地造成のために埋め立てられた。しかし、今治市の唐子浜や桜井海岸、西条市の河原津、観音寺市琴弾公園など自然の砂浜は僅かに残存している(全て瀬戸内海国立公園に含まれる)。

沿岸の主要都市

東から順

主な島

香川県

愛媛県

参考文献

  1. 角川日本地名大辞典』 角川書店、1981年

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.