熊谷真実

東京都杉並区出身。静岡県浜松市在住[2]ケイダッシュ系列「アワーソングスクリエイティブ」所属。夫は書道家の中沢希水。

くまがい まみ
熊谷 真実
生年月日 (1960-03-10) 1960年3月10日(60歳)
出生地 日本福岡県
出身地 日本東京都
身長 160 cm
血液型 AB型
職業 女優タレント
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1978年 -
配偶者 つかこうへい1980年 - 1982年
中沢希水(2012年 - )
著名な家族 松田美由紀(妹)
松田優作(義弟)
松田龍平(甥)
松田翔太(甥)
松田ゆう姫(姪)
事務所 アワーソングスクリエイティブ
公式サイト 熊谷真実オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
マー姉ちゃん
渡る世間は鬼ばかり

熊谷 真実(くまがい まみ、1960年3月10日 - )は、日本女優タレント

来歴

1978年つかこうへい構成・演出、パルコ製作のロックオペラ『サロメ』のオーディションに合格して芸能界入りする。同年、千葉真一主演テレビドラマ十字路 第二部』の第3話「南国高知編 結婚しない男と結婚しない女」でドラマデビュー。1979年、『俺たちの交響楽』でスクリーンデビュー。

1979年度前期のNHK連続テレビ小説マー姉ちゃん』で主演し、翌1980年エランドール賞新人賞を受賞。

2015年こまつ座公演『マンザナ、わが町』におけるオトメ天津の演技に対して、第50回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞[1]

石井ふく子プロデュース作品に起用されることが多く、いわゆる「石井組(ファミリー)」の1人に数えられる。

私生活では、劇作家つかこうへい1980年に結婚するが、1982年に離婚。2012年11月13日に静岡県浜松市中区出身の18歳年下の書道家・中沢希水(きすい)[3]と再婚した[4]2020年8月19日に、浜松市役所[注 1]で転入手続きを行った[2]

2020年12月10日、浜松市やらまいか大使に委嘱された[5]

人物

3姉妹の次女。父親は福岡県、母親は山口県の出身[6]。実家がねじめ正一の実家と同じ商店街にあり、子供の頃から顔馴染み。ねじめは熊谷の母親・清子を題材とした小説『熊谷突撃商店』を発表しており、この題材を原作とした一人舞台を1998年に熊谷が自ら母親・清子役を演じている。地元の阿佐ヶ谷会でも活動している。

実妹は松田美由紀松田優作は義弟。松田龍平松田翔太は甥、松田ゆう姫は姪、秋元梢は甥嫁、太田莉菜は元甥嫁。

出演

テレビドラマ

映画

舞台

バラエティ

テレビコマーシャル

音楽

書籍

  • あの日あの時母の顔 - 私の母語り(1996年、小学館
  • 青空、ついて来い!(1998年、新潮社
  • 熊谷真実のオリジナルビーズノート(2002年、双葉社

雑誌連載

  • veggy』vol.47より「熊谷真実のホリスティック・ビューティー・ライフ」(2016年7月〜現在、キラジェンヌ

脚注

注釈

  1. 実際の転入手続きは浜松市役所庁舎内の中区役所と思われる。

出典

  1. 第五十回 紀伊國屋演劇賞決定のお知らせ(紀伊国屋書店)
  2. 熊谷真実「浜松市民になりました」と報告…コロナきっかけに18歳差夫の故郷へ”. スポーツ報知 (2020年8月20日). 2020年8月22日閲覧。
  3. ART&CULTURE (PDF)”. 浜松市. 2020年8月22日閲覧。
  4. 52歳熊谷真実が18歳下の書道家と再婚nikkansports.com
  5. 熊谷真実、名波浩氏ら7人、浜松市やらまいか大使に”. 日刊スポーツ (2020年12月10日). 2020年12月11日閲覧。
  6. 『あの日あの時母の顔―私の母語り』 小学館 1996年 30頁
  7. 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  8. 劇場版『アンダードッグ』【前編】 (2020)”. シネマトゥデイ. 2020年12月16日閲覧。

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.