熊本県道338号八代不知火線

熊本県道338号八代不知火線(くまもとけんどう338ごう やつしろしらぬひせん)は、熊本県八代市から宇城市に至る一般県道である。

一般県道
熊本県道338号 八代不知火線
一般県道 八代不知火線
起点 八代市植柳下町【地図
終点 宇城市不知火町高良【地図
接続する
主な道路
(記法)
熊本県道42号八代鏡線
国道266号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路

概要

路線データ

歴史

農林水産省が広域農道の都道府県道路線認定を認めたため、従来の八代松橋広域農道を県道として認定したもの。
その後、上下流部に仮桟橋が建設され、2017年6月1日から上流部の仮桟橋を使用して最大積載重量2トン以下の車両は通行可能となった。その後本復旧が行われ[2]2019年2月2日より本来の橋での通行が再開された[3]

地理

通過する自治体

交差する道路

交差する道路 市町村名 交差する場所
熊本県道42号八代鏡線 八代市 植柳下町 植柳下町交差点 / 起点
熊本県道250号八代港大手町線 新開町 新浜町交差点
熊本県道336号八代港線 沖町
熊本県道251号郡築横手線 古閑浜町
熊本県道245号共栄千丁停車場線 千丁町古閑出 千丁町古閑出交差点
熊本県道322号大牟田大鞘八代港線 鏡町北新地
国道266号
宇城北部広域農道
宇城市 不知火町高良 不知火町高良交差点 / 終点

交差する鉄道

沿線にある施設など

橋梁

  • 横江大橋

脚注

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.