熊本北バイパス

熊本北バイパス(くまもときたバイパス)は、熊本県熊本市及び合志市を走る国道3号バイパス道路熊本都市圏環状道路機能を果たし、地域高規格道路である熊本環状道路の一部を形成する。国道3号(熊本市北区四方寄町)と国道57号(熊本東バイパス)(熊本市東区新南部4丁目)を接続する延長7.6kmの道路である。

熊本市北区龍田陳内
国道3号標識

1973年昭和48年)度に事業に着手して1985年(昭和60年)度に着工した[1]

2015年平成27年)3月28日に熊本市北区四方寄町の国道3号から須屋高架橋までの1.8km区間の開通(暫定2車線)により、全線開通した[1][PR 1]

周辺情報

施設

河川・湖畔

交差する道路

交差する道路 交差する場所 北九州から
(km)
国道3号
熊本市街 / 鳥栖久留米
熊本市
北区
国道387号
県道37号熊本菊鹿線
国道387号 合志市
県道49号熊本大津線 熊本市 北区
県道231号託麻北部線 麻生田
- 県道231号託麻北部線 岩倉
県道337号熊本菊陽線 陳内西
県道145号瀬田熊本線 東区 新南部五丁目
- 国道57号熊本東バイパス 新南部
国道57号(熊本東バイパス)八代熊本港方面

主な橋梁

新須屋付近から387号線の接続地点側を望む。接続地点付近が須屋高架橋となる。(全線開通前)
  • 葉山大橋
  • 須屋高架橋
  • 龍田高架橋
  • 龍田大橋 - 白川に架かる橋である。

脚注

出典

  1. “熊本北バイパス全線開通 総延長7.6キロ”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. . (2015年3月29日)

広報資料・プレスリリースなど一次資料

  1. 国道3号 熊本北バイパス(四方寄~須屋)開通のお知らせ (PDF) (平成27年2月5日 熊本河川国道事務所)

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.