照国町

照国町(てるくにちょう[1])は、鹿児島県鹿児島市[2]郵便番号は892-0841[3]。人口は1,980人、世帯数は1,124世帯。(2020年4月1日現在)[4]。照国町の全域で住居表示を実施している[5]

日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 照国町
照国町
照国町
照国町
照国町
北緯31度35分34秒 東経130度33分7秒
日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 中央地域
地区 中央地区
人口
2020年(令和2年)4月1日現在)
  合計 1,980人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
892-0841

町域内には第11代薩摩藩主である島津斉彬を祀る照国神社が鎮座しており[6]1965年(昭和40年)に山下町及び平之町の各一部より分割され照国町として設置された[2]

本項では町域内に所在している照国神社前交差点(てるくにじんじゃまえこうさてん)についても記述する。

地理

鹿児島市の中央部、甲突川の下流域に位置しており、町域の北方には新照院町、北方から東方にかけては城山町、南方には西千石町東千石町、西方には平之町がそれぞれ接している。

町域内は主に住宅地となっているが、国道3号及び千石馬場通りの沿線は事務所や店舗が多く所在している[6]

町域の北方は城山などの山に囲まれており、南側には天文館などの歓楽街が位置している。また、東部には照国神社、西部にはカトリック鹿児島司教区司教座聖堂であるザビエル教会が所在している。

また同町内にある、照国神社前交差点は北九州市門司区の老松公園前交差点を起点とし、九州のほぼ中央部通る国道3号および九州を東回りする国道10号の終点となっている他、枕崎方面へ接続する国道225号国道226号も重複)の終点にもなっている[7]

町名の由来

照国町という町名は町域内に所在する照国神社に由来している[2]。照国神社の神社名は第11代薩摩藩島津斉彬神号である「照国大明神」に由来しており[8]文久3年(1863年5月11日孝明天皇勅命により島津斉彬に対して神号授与されたものである[9]元治元年(1864年)には照国大明神を祀る神社として照国神社が現在の照国町の区域に創建された[10][8]

歴史

照国町の設置以降

1962年(昭和37年)に住居表示に関する法律が施行されたのに伴い、鹿児島市は鹿児島市街地域の住居表示に着手した[5]1965年(昭和40年)には中央地区で住居表示実施に伴い町の再編が行われ、平之町山下町の各一部より分割され「照国町」として成立した[5][2][11]。また照国町の全域で住居表示が実施された[5]

町域の変遷

分割・統合前 分割・統合年月日 分割・統合後
平之町の一部 1965年(昭和40年) 照国町
山下町の一部

人口

以下の表は国勢調査による小地域集計が開始された1995年以降の人口の推移である。

統計年 人口
1995年(平成7年) [12] 1,564
2000年(平成12年) [13] 1,485
2005年(平成17年) [14] 1,400
2010年(平成22年) [15] 1,493
2015年(平成27年) [16] 1,885

施設

照国神社の島津斉彬

宗教

その他

石碑

小・中学校の学区

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[17]

町丁小学校中学校
照国町全域鹿児島市立山下小学校鹿児島市立甲東中学校

交通

道路

国道

出身人物

照国神社前交差点

照国神社前交差点にある終点標柱

照国神社前交差点(てるくにじんじゃまえこうさてん)は、鹿児島県鹿児島市照国町にある交差点である[18]

国道3号国道10号国道225号および、これに重複する国道226号の終点であり、三角錐型のモニュメントが建てられている[7]

沿革

終点となる路線

脚注

  1. 鹿児島市の町名”. 鹿児島市. 2020年11月26日閲覧。
  2. 角川日本地名大辞典編纂委員会 1983, p. 444.
  3. 鹿児島県鹿児島市照国町の郵便番号”. 日本郵便. 2020年12月17日閲覧。
  4. 年齢(5歳階級)別・町丁別住民基本台帳人口(平成27~令和2年度)”. 鹿児島市 (2020年4月1日). 2020年5月8日閲覧。
  5. 鹿児島市史編さん委員会 1970, p. 742.
  6. 角川日本地名大辞典編纂委員会 1983, p. 689.
  7. 佐藤健太郎 2014, p. 42、「国道の名所を行く/国道の始まる場所」より
  8. 由緒・歴史”. 照国神社. 2020年11月1日閲覧。
  9. 鹿児島市史編さん委員会 1970, p. 1122.
  10. 鹿児島市史編さん委員会 1970, p. 1123.
  11. かごしま市政だより(昭和40年6月号) (PDF)”. 鹿児島市 (1965年6月20日). 2020年7月26日閲覧。
  12. 国勢調査 / 平成7年国勢調査 小地域集計 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年12月17日閲覧。
  13. 国勢調査 / 平成12年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年12月17日閲覧。
  14. 国勢調査 / 平成17年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年12月17日閲覧。
  15. 国勢調査 / 平成22年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年12月17日閲覧。
  16. 国勢調査 / 平成27年国勢調査 / 小地域集計 46鹿児島県”. 総務省統計局. 2020年12月17日閲覧。
  17. 小・中学校の校区(学区)表”. 鹿児島市役所. 2020年9月26日閲覧。
  18. 標識上は「照国神社前」である

参考文献

  • 鹿児島市史編さん委員会『鹿児島市史 第二巻』鹿児島市長 末吉利雄、1970年。
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店、1983年。ISBN 978-4040014609。
  • 佐藤健太郎『ふしぎな国道』講談社〈講談社現代新書〉、2014年。ISBN 978-4-06-288282-8。

関連項目

  • 照国(曖昧さ回避ページ)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.