無量大数

無量大数(むりょうたいすう)は、漢字文化圏(漢字圏)における単位の一つ[1]。漢字文化圏において名前がついている最大のものである。無量大数がいくつを示すかは時代や地域により異なり、また、現在でも人により解釈が分かれる。一般的には1068を指すが、1088とする人もいる。

概略

無量大数は、朱世傑による『算学啓蒙』において以上の他の単位とともに初めて登場した無量数に由来する。無量数は仏教用語からとられたものである。当時はすでに中数が使用されており、無量数は不可思議(10120)の万万倍で10128となる。

日本では、『塵劫記』の寛永8年の版で無量大数として初めて登場する。この版では、載までを万進、極以上を万万進としたため、無量大数は不可思議(1080)の万万倍で1088となる。寛永11年版で万進に統一され、無量大数は不可思議(1064)の万倍の1068となった。ただし、今日でも寛永8年版を根拠に無量大数を1088とする人もいる。

『塵劫記』では、版を重ねるごとに「無量」と「大数」の間にできた傷の間隔が広がり、後の版では「無量」と「大数」という別の数とされるようになった。この場合は、「無量」が1068、「大数」が1072ということになる。現在において、「無量」と「大数」が別の数として紹介されることもあるが、「無量大数」で一つの数とする方が一般的である[2]

漢字文化圏で定着している命数法では、無量大数(無量数)が最大の数詞であるが、無量大数よりも大きい数にも独自の名前がつけられているものもある。

銀河系に含まれる原子の総数がおおよそ無量大数に近いと考えられている。

命数の一覧表

無量大数の位および前後の位の命数は以下のようになる。下数上数が行われていた時代には無量数・無量大数は存在しなかったので、ここには掲載していない。

数記法 万進(現行) 恒河沙以降万万進(塵劫記寛永8年式) 全て万万進(算学啓蒙式)
定義
1064一不可思議
1067千不可思議
1068一無量大数
1069十無量大数
1070百無量大数
1071千無量大数
1080一万不可思議
1087千万不可思議
1088一無量大数
1089十無量大数
1090百無量大数
1091千無量大数
1092一万無量大数
1093十万無量大数
1094百万無量大数
1095千万無量大数
10120一不可思議
10127千万不可思議
10128一無量数
10129十無量数
10130百無量数
10131千無量数
10132一万無量数
10133十万無量数
10134百万無量数
10135千万無量数

出典と脚注

  1. フィッシュ『巨人数入門』、2017年。ASIN B01N4KCIJQ
  2. たとえば『日本国語大辞典』で、「無量」「大数」のどちらも数詞としては説明せず、「無量大数」の項では数詞としている

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.