無水シュウ酸

無水シュウ酸 (むすいシュウさん, oxalic anhydride) またはオキシランジオン (oxiranedione) とは化学式C2O3を持つ仮説上の有機化合物である。シュウ酸無水物あるいはエチレンオキシドの二重ケトンと見ることができ、炭素酸化物オキソカーボン)である。

無水シュウ酸
識別情報
CAS登録番号 308818-63-5
ChemSpider 13693079 
特性
化学式 C2O3
モル質量 72.0196 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

この単純な化合物は2009年時点ではまだどうやら観測されていない。しかし、1998年にP. Strazzoliniらは、無水シュウ酸の二量体と見ることができるジオキサンテトラケトン (C4O6) を合成したと主張した[1]

あるシュウ酸塩の熱分解や塩化オキサリルを用いたケミルミネセンス反応において、無水シュウ酸が中間体として瞬間的に現れると推測されている[2][3]

参考文献

  1. Paolo Strazzolini, Alberto Gambi, Angelo G. Giumanini and Hrvoj Vancik (1998). “The reaction between ethanedioyl (oxalyl) dihalides and Ag2C2O4: a route to Staudinger’s elusive ethanedioic (oxalic) acid anhydride”. J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1 (16): 2553–2558. doi:10.1039/a803430c.
  2. Ahmed A. El-Sherif, Bakir J. A. Jeragh (2007). “Mixed ligand complexes of Cu(II)-2-(2-pyridyl)-benzimidazole and aliphatic or aromatic dicarboxylic acids: Synthesis, characterization and biological activity”. Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy 68 (1): 877-882. doi:10.1016/j.saa.2006.12.073.
  3. M. M. Rauhut, L. J. Bollyky, R. A. Clarke, M. Loy, B. G.Roberts (1965). CHEMILUMINESCENT MATERIALS. Technical Report 9 (AD0621845). Defense Technical Information Center. pp. 78. http://oai.dtic.mil/oai/oai?verb=getRecord&metadataPrefix=html&identifier=AD0621845

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.