無明

無明(むみょう、: avidyā)とは、仏教用語で、無知のこと[1][2][3]。また真理に暗いこと、智慧の光に照らされていない状態をいう。法性(ほっしょう)に対する言葉である。

仏教用語
無明
パーリ語 avijjā
(Dev: अविज्जा)
サンスクリット語 avidyā
(Dev: अविद्या)
チベット語 མ་རིག་པ
(Wylie: ma rig pa;
THL: ma rigpa
)
ビルマ語 အဝိဇ္ဇာ
(IPA: [əweɪʔzà])
中国語 無明
(拼音: wú míng)
日本語 無明
(mumyō)
韓国語 (Hangeul) 무명
(Hanja) 無明

(RR: mu myeong)
英語 ignorance, misconceptions
クメール語 អវិជ្ជា
(Avichea)
シンハラ語 අවිද්යා
タイ語 อวิชชา
ベトナム語 vô minh
  十二因縁  
無明(無知)
名色
六処
(存在)
(誕生)
老死(老いと死)
 

この概念は、形而上学的な世界の性質、とりわけ世界が無常(アニッチャ)および無我(アナッター)であることの教義についての無知、誤解を指す[2][4][5] 。それ(無明)は苦(ドゥッカ)の根源であり、最初の因縁の輪に結びつき、繰り返す転生の始まりとなる[6]

無明は仏教の教えの中で、様々な文脈での無知・誤解として取り上げられている。

概説

十二因縁では、すべてのは、無明(迷い)を原因とする煩悩から発生し、智慧によって無明を破ることにより消滅すると説く。というものが存在するという見解(我見)が無明である。無常であるものを常住と見るが、それが失われると苦しみを生じる。すべての苦しみはこの無明を原因として発生すると説く[8]。この苦しみを消滅する方法は、初期経典には定型文句として四諦八正道であると説かれている[9]。この四諦、八正道を知らないことも無明である。

無常なものに常をいだき、苦であるものに楽をいだき、無我なものに我をいだき、不浄なものに浄をいだく。[10]

たとえば、闇(やみ)について、多くの人は「闇は存在する」と漠然と考えている。しかし、闇に光が当たると、闇はたちまち消えうせる。闇がどこか別のところに移動したわけではない。つまり、闇は始めから存在しなかったということである。闇は「光の欠如」ということであって、闇と呼ばれる「なにか」が存在するわけではない。

精神的な「」についても、同じようにとらえることができる。智慧の光によって、苦しみはたちまち姿を消す。苦しみが、何か実体を伴って存在しているわけではない。

実際には無いものを有ると考えるのは無明である。

出典

参考文献

関連文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.