焙烙

焙烙(ほうらく/ほうろく)は、素焼きの土鍋の一種。炮烙炮碌とも書き、炒鍋(いりなべ)とも言う。関東などでは「ほうろく」という[1]

概要

低温で焼かれた素焼き土器で、形は底が平たく縁が低い[2]茶葉銀杏などを炒ったり蒸したりするのに用いる。特に「焙烙蒸し」とよばれるときもある。また、宝楽焼の鍋としても用いられる。ゴマを煎る時などに使われる、口縁部が窄まり把手の付いたものは「手焙烙」と呼ばれる[3]

その他

脚注

  1. 焙烙(ほうろく)横須賀市自然・人文博物館
  2. 斎藤 2004 p.397
  3. 神奈川県立博物館 2013 pp.11
  4. 斎藤 2004 p.397

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.