火山砕屑物

火山砕屑物(かざんさいせつぶつ、: pyroclastic material)とは、火山から噴出された固形物のうち、溶岩以外のものの総称。火砕物(かさいぶつ)[1]テフラ: tephra)ともいう。溶岩を含めないという点で、火山噴出物(かざんふんしゅつぶつ)とは異なる。

サントリーニ島の海岸の露頭で見られるサントリーニ・カルデラの火砕物。豆粒状の火山礫の中にパン皮状火山弾(火山岩塊)がある。
川岸の急崖に露出したピナトゥボ山由来の火砕流堆積物

火山砕屑物が固まった岩石火山砕屑岩という[2]

分類

大別して2種類の分類方法がある。

脚注

  1. 文部省編『学術用語集 地学編日本学術振興会、1984年、63頁。ISBN 4-8181-8401-2。
  2. 天野・秋山 2004, p. 132.

参考文献

  • 天野一男、秋山雅彦「D-1-3 岩石の分類」『フィールドジオロジー入門』日本地質学会フィールドジオロジー刊行委員会編、共立出版〈フィールドジオロジー〉、2004年、131-132頁。ISBN 4-320-04681-1。
  • 加藤祐三『軽石 海底火山からのメッセージ』八坂書房、2009年。ISBN 978-4-89694-930-8。

関連項目

外部リンク

砕屑物と砕屑岩
粒径(mm)砕屑物砕屑岩火山砕屑物火山砕屑岩
64 以上礫岩火山岩塊火山角礫岩凝灰角礫岩
64 - 2火山礫ラピリストーン火山礫凝灰岩
2 - 116砂岩火山灰凝灰岩
116 - 1256シルトシルト岩泥岩
1256 以下粘土粘土岩
テンプレートを表示
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.