火山の一覧

火山の一覧(かざんのいちらん)は、活火山のリストである。カッコ内の数字は火山の標高

地球の火山

北アメリカ

カナダ

カナダ英連邦王国

アラスカ州

アラスカ州以外

中央アメリカ

ニカラグア西部太平洋岸の約200kmには18個の火山からなる火山列がある。(このためパナマ運河の計画の時にニカラグアも検討対象になったが、噴火切手発行と爆発のために現在の位置に決定された。) 

南アメリカ

  • ネバドデルルイス火山(5321m、コロンビア) - 1985年11月13日に大爆発、死者は23,000人。
  • ネバド・デル・ウイラ(5365m、コロンビア)
  • プラセ山(4800m、コロンビア)
  • ガレラス山(4276 m、コロンビア) - 56万年前15km3爆発。現在も活発、1993年(9人死亡)。2010年1月に6回噴火。
  • クンバル山 (4764m、コロンビア)
  • カヤンベ山(5790m、エクアドル
  • コトパクシ山(5897m、エクアドル)- 1698年、1744年に大規模噴火。2015年8月14日に噴火し、噴煙は上空8000mにまで到達[8]
  • チンボラソ(6310m、南緯1°28分、西経78度49分、エクアドル)
  • トゥングラワ(5023m、Tungurahua,1.467°S, 78.442°W、エクアドル) - 2006-10年で6回噴火。2011年4月噴火。2014年現在も活発で4月6日噴煙高度10km[9]
  • サンガイ山(5230m、エクアドル)
  • フェルナンディナ島(1494m、ガラパゴス諸島(エクアドル領))1968年、2009年噴火
  • ウォルフ火山 (1707m、イサベラ島 (エクアドル)ガラパゴス諸島、直径7km、深さ700mの溶岩湖カルデラ)2015年5月噴火、高度15km。7月に海岸に到達する溶岩流を確認。[10][11]
  • ユカマニ山 (5550m、ペルー)
  • コロプナ山(6425m(6377mとも)、南緯15度31分、西経72度39分、ペルー
  • アンパト山(6288m、ペルー)
  • チャチャニ山(6079m、ペルー)
  • エル・ミスティ山(5835m、ペルー)
  • ピチュピチュ山(5669m、ペルー)
  • ティクサニ山(5395m、ペルー)
  • ワイナプチナ(4850m、ペルー) - 1600年に巨大噴火[12]
  • サハマ山(6520m、ボリビア
  • オジャグエ山(5869m、ボリビア・チリ国境)
  • パリナコータ山(6348m、ボリビア、南緯15度31分、西経72度39分)
  • マイポ山(5264m、アルゼンチン)
  • ガラン山、5912m、アルゼンチン) - カルデラ、220万年前に1,050km3の巨大爆発。
  • ドムジョ山(4709m、アルゼンチン)
  • コパウエ山(2997m、アルゼンチン・チリ国境) - 二重カルデラ、1990年代に3回、2000年、2012年にも噴火。
  • アントファジャ山(6440m、アルゼンチン)
  • コンドル山、6532m、南緯26度37分、西経68度21分、アルゼンチン)
  • カサデロ(6660m、北緯27度12分、西経68度33分、アルゼンチン)
  • ソコンパ山(6031m、アルゼンチン・チリ国境)
  • ジュジャイジャコ山(6739m、北緯24度43分、西経68°32分) - 火山として世界第2位の高さ 、アルゼンチン・チリ国境)。
  • オホス・デル・サラード山(6887m、世界最高峰火山[13]、南緯27度7分、西経68度33分、アルゼンチン・チリ国境)。なお、オホス・デル・サラド山と表記される場合もある。
  • エルソロ山(6190m、南緯27度6分、西経68度43分、アルゼンチン・チリ国境)
  • ラニン山(3747m、アルゼンチン・チリ国境) - 2008年1月爆発。
  • サンホセ(5856m、アルゼンチン・チリ国境) - 1960年噴火。
  • インカワシ山(6621m、南緯27度2分、西経68度17分、アルゼンチン・チリ国境)
  • トゥプンガート山(6570m、南緯33度21分、西経69度46分、アルゼンチン・チリ国境) - 1987年噴火。
  • プジェウエ=コルドン・カウジェ火山群(2240m、チリ) - 1960年噴火。2011年6月4日噴火、火山灰はブエノスアイレスまで到達。アルゼンチンのバリローチェでは厚さ30cmの火山灰。オーストラリアでは航空機数百便が欠航。火山灰は12日間で世界一周[14][15]
  • プラル山(6233m、南緯24度11分、西経68度3分、チリ)
  • ラスカー山(5592m、チリ) - 幾度も噴火を繰り返していることが記録されている。
  • ビジャリカ山(2847m、チリ、アラウカニア州) - 山頂火口に世界でも数少ない恒常的な溶岩湖を持つ火山。1971年噴火では亜硫酸ガスで15人以上が死亡。2000年に噴火、2015年3月3日にも噴火、噴煙高度3km[16]
  • タコラ山(5950m、チリ
  • チャイテン山(1122m、チリ) - 2008年5月大爆発
  • ジャイマ山(3125m、チリ)
  • オソルノ山(2660m、チリ)
  • ハドソン山(1905m、チリ)
  • マカ山 (2300m、チリ)
  • カルブコ山(2015m[17]、チリ、ロス・ラゴス州) - 1961年に噴火[18]、2015年4月22日にも噴火し、噴煙は高度15kmまで到達[19]
  • トリンダデ島(ブラジル)

マカロネシア

アゾレス諸島ポルトガル領)

カナリア諸島スペイン領)

カーボベルデ共和国

セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ

英領セントヘレナ・アセンションおよびトリスタンダクーニャ

その他

アフリカ

欧州

イタリア共和国

アイスランド共和国

アイスランドには約200個の火山が存在する。1個の火山ではなく数kmの火山列の同時噴火であったり、爆発前は平面状の氷河の数百m下に隠れていることもある)

ドイツ

ドイツには22の火山がある。

  • ラーハー湖 Laacher See。紀元前1万年頃噴火(VEI7)。

ロシア

カムチャッカ地方には29の活火山がある[24]。 

千島列島(得撫島以北)

中東

トルコには18以上の火山がある。

フィリピン

インドネシア

インドネシアの火山は129、過去300年で死者155,550人[31]

その他

日本

日本

マリアナ諸島

北マリアナ諸島米国自治連邦区

ハワイ

キラウエア、マウナロア 、マウナケアは、火山島ハワイ島を形成する火山。粘度の相当低い玄武岩質。ハワイ島自身が大洋底からそそり立つ海底火山であり世界最大の火山でもある。ホットスポットを参照。

南太平洋

パプア・ニューギニア

パプアニューギニア独立国(英連邦王国

  • ニューブリテン島
    • ラバウルカルデラ - 2つの火山(タブルブル山「花吹山」、ブルカン火山「西吹山」)が活動しているが、カルデラ口は多数ある。1937年に噴火(死者505人)。1994年の爆発でラバウル市は壊滅的打撃を受けた。ダブルブル山は2014年8月29日噴火。
      • ウラウン山(2334m、5.05°S, 151.33°E)
      • ダカタウア火山(中部にあるカルデラ湖) - 800年頃大爆発。
      • Bamus
  • マナム山(1807m、4.080°S, 145.037°E) - 2006年2月27日噴火。噴煙は最大上空19km。溶岩も700m以上の高さに吹き上がった。
  • ラミントン山(1680m、ニューギニア島南東部オロ州ポポンデッタ付近) - 1951年に噴火(1月3,000人死亡)。
  • バルビ山(2715m、ブーゲンビル島北部、「花咲山」) - バルビー山と表記されることもある。

ソロモン諸島

  • カバチ海底火山(-20m、8° 59.65'S, 157° 58.23'E)20世紀に数十回噴火。

オーストラリア

オーストラリア連邦(英連邦王国

ニュージーランド

ニュージーランド英連邦王国

インド洋

南極

  • ロス島
    • エレバス山(3,795 m、南極のロス島における最高峰。南緯77度32分 東経167度17分) - 成層火山。
    • バード山(1,765m)
  • メルボルン山(2,730 m、南緯74度21分、東経164度42分) - 成層火山。
  • ベルリン山(3,500 m、南緯76度03分、西経135度52分) - 成層火山 。
  • カウフマン山(2,365 m)(南緯75度37分、西経132度25分) - 成層火山。
  • エグゼクティブ・コミッティー山脈
    • シドリー山(4,285 m、南極における最高峰の火山。南緯77度02分、西経126度06分) - 火山カルデラ。
    • ハンプトン山(3,325 m、南緯76度29分、西経125度48分) - 火山カルデラ。
  • ハドソン山脈(南緯74度20分、西経99度25分付近)の氷床下に名前のない火山がある。約2000年前(BC207年±240年)に大爆発(VEI3-4)を起こし、1万2千mまで噴煙が上り、火山灰や溶岩0.31km3が2万3千km2に広がった[46]

最近の大噴火

最近200年間の主な大噴火

噴火年・・・火山名(地域)・・・・・・・・史上初・・VEI・・死者数[49]
  • 1991年・・・ハドソン山(チリ)・・・・・・・・・・・・ ?・・・ 5・・・0
  • 1991年・・・ピナトゥボ山(フィリピン)・・・・・?・・・6
  • 1980年・・・セント・ヘレンズ山(合衆国)・・ X・・・ 5・・・ 57
  • 1912年・・・ノバルプタ(アラスカ)・・・・・・・・?・・6・・・
  • 1907年・・・ツダック(カムチャツカ)○・・・ 5・・・ 0
  • 1902年・・・サンタマリア山(グアテマラ)・・・ ○・・・ 6・・・ >5,000
  • 1886年・・・タラウェラ山(ニュージーランド)○・・・ 5・・・>150
  • 1883年・・・クラカタウ(インドネシア)・・・・ X・・・・6・・・ 36, 417
  • 1854年・・・シベルチ山(カムチャツカ)・・・ ○・・・・5・・・ 0
  • 1835年・・・コシグイーナ山(ニカラグア)・・ ○・・・ 5・・・ 5-10
  • 1822年・・・ガルングン山(インドネシア)・・○・・・・5・・・ 4,011
  • 1815年・・・タンボラ(インドネシア)・・・・ ・・○・・・ 7・・・ 92,000

不明

ミステリー・クラウドという、火山灰によると思われる大気の異常による火山爆発の推定例である。大森房吉の集めた事例集がある。一部の解明が進んでいる。

  • 536年 - 1年間太陽光線を遮り、世界の半分に寒さと飢えをもたらした「乾いた霧」。地中海地方では有史以来の厳しい冬となった。535年クラカタウの噴火が原因と見られているが、536年ラバウル火山説や、彗星衝突説もある。
  • BC44年 - 「月が血の色をしていた」という欧州の記録がある。BC42年エトナ火山説があるが、年代が合わず、はっきりしない。
  • 1809年1810年から1819年まで地球全体の平均気温が0.5℃下がった理由は1815年タンボラ山の爆発(100Mt)に加え、1809年に赤道地方で大爆発(50Mt)があったためだとされている[50]

地球以外の火山

金星

火星

火星にはオリンポス山をはじめとして、地球の火山をはるかに越える高さの巨大火山が多数ある。これらの火山はホットスポット火山と考えられている。なお、火星の火山は全て活動を終了した死火山である。

イオのダイダロス火山

ボイジャー1号の観測で、木星の衛星イオが活発な火山活動[51][52]をしていることが判明した。イオは木星のごく近傍を周回しており、木星の巨大な重力を受けて衛星自体が常時歪みをおこして発熱しマグマを生成しているのではないかと推定される。

かに座55番星e

地球から40光年離れた太陽系外惑星「かに座55番星e」で火山の噴火らしきものが発見された[53][54]

冥王星

無人探査機ニューホライズンズの観測によると、冥王星の表面には、氷、窒素アンモニアメタンなどを凍った状態で噴出していた高さ数kmの山が2つある[55]

文学上の火山

脚注

  1. 1991年のピナトゥボ山に次ぐ20世紀2番目の規模。
  2. Researchers Think Axial Seamount is Erupting - Right on ScheduleNational Oceanic and Atmospheric Administration Pacific Marine Environmental Laboratory(NOAA-PMEL) 2015年4月29日
  3. 中米グアテマラ、フエゴ火山が噴火AFP 2015年07月03日
  4. グアテマラの噴火 行方不明者が332人にNHK 2018年07月05日
  5. パナマ運河建設がニカラグアではなくパナマに決定した理由の一つが、この火山の爆発を描いた切手であった。
  6. ニカラグアで火山が110年ぶりに噴火(画像集)The Huffington Post 2015年12月04日
  7. コスタリカの国立公園内で火山噴火 過去150年で最大規模
  8. “エクアドルのコトパクシ山が噴火、約140年ぶり”. AFPBB News. (2015年8月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3057394 2015年8月15日閲覧。
  9. エクアドル火山、噴煙10km噴き上げるロシアの声2014.04. 6 ]
  10. ガラパゴス諸島で火山噴火、ピンクイグアナ生息地脅かす恐れAFPBB 2015年05月26日
  11. Image of the Day:Eruption of Wolf Volcano ContinuesNASA Earth Observatory,June 30, 2015
  12. 大噴火が引き起こした地球寒冷化と社会不安
  13. What is the world's highest volcano,Global Volcanism Program, National Museum of Natural History — Smithsonian Institution
  14. チリ火山の灰、12日間で地球1周
  15. http://news24.jp/articles/2011/06/05/10183998.html
  16. チリで火山噴火 3000人以上避難NHKニュース2015年3月4日
  17. 2003mとも
  18. カルブコ火山が約50年ぶり噴火、チリ南部で非常警報 - AFPBB News・2015年4月23日
  19. チリの火山 新たに大規模噴火で避難続く - NHK NEWS・2015年4月23日
  20. Ancient volcano set off 800 ft. tsunami, could it happen again?Nature World Report 2015年10月3日
  21. Hazard potential of volcanic flank collapses raised by new megatsunami evidenceScience Advances 2015年10月2日
  22. アフリカ東部でも火山噴火、米国務長官は予定早め帰国へ
  23. ナショナル・ジェオグラフィック トップ > 写真 > 環境と自然 > フォトギャラリー:火山 — オル・ドイニョ・レンガイから流れ出す溶岩流
  24. カムチャッカの活火山
  25. カムチャッカ 3つの火山が一度に噴火 22.01.2013, 11:28インターファックス通信 22.01.2013, 11:28
  26. カムチャツカのシヴェルチ火山 9000メートルの噴煙を吹き上げるロシアの声(ラジオ)2015年2月28日
  27. 1000年ぶりM9大地震後に周辺火山噴火例多数 東日本の火山一斉噴火準備NEWSポストセブン 2014年10月17日
  28. プロスキイ・トルバチク火山噴火 航空便に危険The Voice of Russia29.11.2012, 08:49
  29. カムチャッカ四火山鳴動止まずThe Voice of Russia 1.02.2013, 11:31
  30. “フィリピン中部のカンラオン山が噴火”. AFPBB News. (2016年6月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3090918 2016年6月22日閲覧。
  31. じゃかるた新聞:西博士が語る火山大国インドネシア(1)世界最大の被災国 300年で死者15万人
  32. 火山灰でバリ空港など閉鎖=観光客に影響―インドネシア時事通信 2015年7月10日(金)
  33. 2015年6月末から活発化、8月6日までにバリ島の空港を5回閉鎖。
  34. GSJニュースレター NO.13 2005/10 第2回CCOP火山災害軽減のための野外ワークショップ 高田 亮(地質情報研究部門)
  35. ジャワ島東部で火山噴火 3人死亡、20万人避難、家屋倒壊共同通信 2014年2月14日
  36. インドネシアで噴火 住民避難 NHK
  37. 海底火山カウィオ・バラト:深海の弧峰 ナショナル・ジオグラフィック
  38. AFP:ブロモ山で噴火の恐れ、警戒レベル引き上げ インドネシア 2010年11月24日 21:33
  39. サイエンス誌
  40. Powe, Edward Llewellyn (1994). The Lore of Melanesia. Armchair Travelers. p. 171. https://books.google.com/books?id=ri8xAQAAIAAJ
  41. Arthus-Bertrand, Yann (1 April 2007). The new earth from above: 365 days. Abrams. https://books.google.com/books?id=3g9MAQAAIAAJ
  42. 太平洋諸島センター
  43. トンガの海底火山噴火、自然豊かな付近の小島が荒れ地に AFPBB News 2009年03月21日
  44. 南太平洋のトンガ、火山噴火で島が出現 AFPBB News 2015年01月17日
  45. VEI7以上の超巨大噴火としては、1815年のタンボラ山噴火に次ぎ2番目に近い。
  46. AFP:2008年1月15日:南極の氷床下で2000年前に大規模噴火、海面上昇に影響か
  47. サウスジョージア侵攻
  48. 南極沖合で富士山クラスの火山を発見National Geographic News
  49. 最新200年間の大噴火『大規模火山災害について』藤井敏嗣、2015年2月3日ナショナルレジリエンス懇談会
  50. ナショナル ジオグラフィック2009年12月:19世紀の地球低温期、原因は謎の噴火
  51. 「ダイダロス火山」経度280度
  52. 「木星の衛星イオのダイダロス火山、太陽系最大級の活動」 【2014年6月23日 東京大学】
  53. 太陽系外惑星で初めて火山噴火を発見かナショナル・ジオグラフィック2015年5月17日
  54. Variability in the super-Earth 55 Cnc earXiv:1505.00269 May 1,2015
  55. 冥王星に「氷の火山」 米探査機、発見続く産経新聞2015年11月11日

参考文献

  • 国立天文台編『理科年表 平成20年丸善、2007年。ISBN 978-4-621-07902-7。
  • Volcanoes of the World Third Edition
Lee Siebert (Author), Tom Simkin (Author), Paul Kimberly (Author)
University of California Press
Adobe PDF E-Book,ISBN: 9780520947931
Hardcover, 568 pages,ISBN: 9780520268777,February 2011

外部リンク

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.