澄江動物群

澄江動物群(チェンジャンどうぶつぐん、Chengjiang Fauna[1])は、中国雲南省に位置する帽天山の堆積Maotianshan Shales から化石が見つかり、約5億2,000万年前(古生代カンブリア紀第三期)に生息していた動物群である。呼称は発見地である澄江の名を冠して表したものである。なお、一般的には動物に限らず、より広い範囲で澄江生物群(チェンジャンせいぶつぐん、Chengjiang Biota)と呼ぶことが多い[2][3][4][5][6][7][8][9]

澄江動物群の生態復元図
  Yuyuanozoon ユユアノズーン
Heteromorphus ヘテロモルフス
Vetulicola ウェツリコラ
  Xidazoon シダズーン
Yunnanozoon ユンナノズーン

発見される化石は、バージェス動物群とよく似た、あるいはそれ以上に広い内容を含む。

概説

澄江は中華人民共和国雲南省昆明市南方に位置し、陽宗海en)から撫仙湖en)にかけての数か所から化石が発掘されている。古くは1911年に軟体性の動物化石が発見されていたが、1984年に帽天山(マオティエンシャン、Maotianshan、cf.)で古生代カンブリア紀の豊富な化石群が発見されて以降、一躍注目を浴びることとなった。現在も中国の西北大学en)のチームなどを中心に研究が進められている。

また、ここでは先カンブリア時代最末期(エディアカラ紀)からカンブリア紀前期にかけての地層が化石を伴って連続している。そのために、他地域でのこの時代の地層の年代を決定する際の標準とされている。

いわゆる「澄江動物群」と呼ばれるのはその中でカンブリア紀前期に属するものであり、バージェス動物群より1,500万年ほど古いとされている。その特徴は、バージェス動物群によく似たものを産出していることに加えて、他の多くのものが、やはり細部に至るまで良好な保存状態で見つかっていることにある。このことは、その時代の動物相生物相)についてさらに多くの情報をもたらすと同時に、それらが当時の地球でかなり普遍的であったことをも証明する。

おそらくは、当時この地域は水深100から150メートル程度の海底であり、大陸棚斜面の下に位置していたと考えられる。そういった場所では間欠的に乱泥流による堆積が発生するのであり、斜面を滑り落ちる大量の泥と砂が海底に流入することによって堆積層が造られていく。澄江動物群は、このような自然災害に巻き込まれて急速に埋没させられた当時の生き物が、化石群となって今日見られるものであろう。

内容

この生物群は約100種ほどの生物を含み、多様な生物を含んでいる。ここで新たに発見された動物で特に重要と考えられるものには以下のようなものがある。

ミロクンミンギアハイコウイクティス
原始的な脊索動物。始原的無顎類と考えられ、「広義の魚類」としては既知のもので最古とされる。
ユンナノゾーン
不明な部分もあるが、半索動物と考えられる。当初は脊索動物と考えられたほど現在の半索動物とは似ていない。後口動物の系統を考える上で重要である。
ウェツリコラなど
魚類のような頭に節足動物のような尾を持つ。新たに「古虫動物門en)」を設ける説もあるが、その後は脊索動物門の1亜門(古虫動物亜門)と見なす知見があった[10]

また、バージェス動物群との関連では以下のような発見がある。

葉足動物
ハルキゲニアが発見され、ここでの化石を元に、バージェス動物群の研究からの復元は上下と前後を間違えたものであることが指摘された。また、爪の構造によってこの動物が有爪動物に近いであると考えられるようになった。さらに、多くの葉足動物化石も発見されている。中でも、ミクロディクティオンは、その背面に小さな骨板が並んでいるが、この骨板が微小硬骨格化石群(SSF)と呼ばれているものの1つであることが判明した。
アノマロカリス類
バージェス動物群と同じものも発見されたが、近縁と思われる別種がいくつか発見されている。しかし、バージェス動物群のものとは対照的で、澄江動物群におけるアノマロカリス類の歯の化石は非常に稀であり、あっても往々にして保存状態が乏しいという現象がある[11]。かつて本群とされたパラペユトイアは、大付属肢が指の多い状になるという風変わりなもので、しかもとされた部分の下面に節足動物の関節肢を備えていることが確認され、この類の系統の問題上で重視されていたが、その後はこれらの特徴に従って別系統の節足動物Megacheira類の1種と見直された[11]

代表的な生物

脚注

  1. Hou, Xianguang; Bergström, Jan (2003/03). “The Chengjiang fauna — the oldest preserved animal community”. Paleontological Research 7 (1): 55–70. doi:10.2517/prpsj.7.55. ISSN 1342-8144. https://bioone.org/journals/paleontological-research/volume-7/issue-1/prpsj.7.55/The-Chengjiang-fauna--the-oldest-preserved-animal-community/10.2517/prpsj.7.55.full.
  2. Babcock, Loren E.; Zhang, Wentang; Leslie, Stephen A. (2001). “The Chengjiang Biota: Record of the Early Cambrian Diversification of Life and Clues to Exceptional Preservation of Fossils”. GSA Today 11 (2): 4. doi:10.1130/1052-5173(2001)011<0004:tcbrot>2.0.co;2. ISSN 1052-5173. https://www.geosociety.org/gsatoday/archive/11/2/pdf/i1052-5173-11-2-4.pdf.
  3. Hou, Xianguang; Bergström, Jan (2003/03). “The Chengjiang fauna — the oldest preserved animal community”. Paleontological Research 7 (1): 55–70. doi:10.2517/prpsj.7.55. ISSN 1342-8144. https://bioone.org/journals/paleontological-research/volume-7/issue-1/prpsj.7.55/The-Chengjiang-fauna--the-oldest-preserved-animal-community/10.2517/prpsj.7.55.full.
  4. Gabbott, Sarah E.; Xian-guang, Hou; Norry, Michael J.; Siveter, David J. (2004-10-01). “Preservation of Early Cambrian animals of the Chengjiang biota” (英語). Geology 32 (10): 901–904. doi:10.1130/G20640.1. ISSN 0091-7613. https://pubs.geoscienceworld.org/gsa/geology/article-abstract/32/10/901/29404/Preservation-of-Early-Cambrian-animals-of-the.
  5. Zhao, FangChen; Zhu, MaoYan; Hu, ShiXue (2010-12). “Community structure and composition of the Cambrian Chengjiang biota” (英語). Science China Earth Sciences 53 (12): 1784–1799. doi:10.1007/s11430-010-4087-8. ISSN 1674-7313. http://link.springer.com/10.1007/s11430-010-4087-8.
  6. Zhao, Fangchen; Caron, Jean-Bernard; Bottjer, David J.; Hu, Shixue; Yin, Zongjun; Zhu, Maoyan (2014/ed). “Diversity and species abundance patterns of the Early Cambrian (Series 2, Stage 3) Chengjiang Biota from China” (英語). Paleobiology 40 (1): 50–69. doi:10.1666/12056. ISSN 0094-8373. https://www.cambridge.org/core/journals/paleobiology/article/abs/diversity-and-species-abundance-patterns-of-the-early-cambrian-series-2-stage-3-chengjiang-biota-from-china/FFC3827F4B2E7F1BDAAE0755ACB48419.
  7. Hou, Xian-guang; Siveter, David J.; Siveter, Derek J.; Aldridge, Richard J.; Cong, Pei-yun; Gabbott, Sarah E.; Ma, Xiao-ya; Purnell, Mark A. et al. (2017-04-12). “The Cambrian Fossils of Chengjiang, China” (英語). Wiley Online Library. doi:10.1002/9781118896372. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/book/10.1002/9781118896372.
  8. Yang, Chuan; Li, Xian-Hua; Zhu, Maoyan; Condon, Daniel J.; Chen, Junyuan (2018-07-01). “Geochronological constraint on the Cambrian Chengjiang biota, South China” (英語). Journal of the Geological Society 175 (4): 659–666. doi:10.1144/jgs2017-103. ISSN 0016-7649. https://jgs.lyellcollection.org/content/175/4/659.
  9. Chen, Junyuan; 陳均遠. (min 85). Cheng jiang sheng wu qun = The Chengjiang biota: a unique window of the Cambrian explosion : han wu ji da bao fa di jian zheng (Chu ban ed.). Tai zhong shi: Guo li zi ran ke xue bo wu guan. ISBN 957-8503-47-4. OCLC 818391869. https://www.worldcat.org/oclc/818391869
  10. García-Bellido, Diego C; Paterson, John R (2014). “A new vetulicolian from Australia and its bearing on the chordate affinities of an enigmatic Cambrian group”. BMC Evolutionary Biology 14: 214. doi:10.1186/s12862-014-0214-z. PMC: 4203957. PMID 25273382. http://www.biomedcentral.com/1471-2148/14/214/abstract#.
  11. The functional head of the Cambrian radiodontan (stem-group Euarthropoda) Amplectobelua symbrachiata

参考文献

  • 福田芳生 『古生態図集・海の無脊椎動物』 川島書店、1996年。ISBN 4-7610-0596-3。
  • 大森昌衛 『進化の大爆発 - 動物のルーツを探る』 新日本出版社、2000年。ISBN 4-406-02756-4。
  • 白山義久編 『無脊椎動物の多様性と系統 - 節足動物を除く』 岩槻邦男馬渡峻輔監修、裳華房〈バイオディバーシティ・シリーズ〉、2000年。ISBN 4-7853-5828-9。
  • 「進化のビッグバン」『Newton』2007年05月号、ニュートンプレス

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.