満州語

満洲語満州語、まんしゅうご、満洲語: ᠮᠠᠨᠵᡠ
ᡤᡳᠰᡠᠨ
、転写:manju gisun)は、満洲族が話すツングース諸語に属する言語。かつては清朝の公用語の一つで「清語」、「国語」などと呼ばれた。

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(満洲文字)が含まれています。
満洲語 (満州語)
ᠮᠠᠨᠵᡠ
ᡤᡳᠰᡠᠨ

'manju gisun
満洲文字で書かれた 「ᡧᠠᠨᠶᠠᠨ
ᠠᠯᡳᠨ
ᠰᠠᡥᠠᠯᡳᠶᠠᠨ
ᠮᡠᡴᡝ
ᠰᡝᡴᡳᠶᡝᠨ
ᡤᠣᡵᠣ
ᡝᠶᡝᠨ
ᡤᠣᠯᠮᡳᠨ
」 (šanyan alin sahaliyan muke sekiyen goro eyen golmin、白山黒水源遠流長)の印章
話される国  中華人民共和国
地域 黒竜江省
民族 満洲民族
話者数 10人(2015年)[1]
言語系統
ツングース諸語
  • 満洲語群
    • 満洲語 (満州語)
表記体系 満洲文字
言語コード
ISO 639-1 --
ISO 639-2 mnc
ISO 639-3 mnc
Glottolog manc1252[2]
bala1242[3]
jing1263[4]
lali1241[5]
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)

概要

紫禁城・乾清門の扁額。左が中国語(ピンイン:qián qīng mén)、右が満洲語(ᡴᡳᠶᠠᠨ
ᠴᡳᠩ
ᠮᡝᠨ
、ローマ字転写: kiyan cing men)
満洲語で表記された「中国」(ᡩᡠᠯᡳᠮᠪᠠᡳ
ᡤᡠᡵᡠᠨ
, dulimbai gurun)

満洲族は中国の統計で、1千万人を超える人口を誇る[6]。しかし、一方で代の長年にわたり、人口の上では圧倒的な少数派でありながら支配者として漢民族を含む中国全体に君臨した結果、満洲族の文化は中国文化と融合・同化していった。そして清が滅び、漢民族が主体の時代に入ると、その同化速度は加速していくこととなり、多くの固有の文化が失われていった。

満洲語もそのようにして失われていった文化の一つであり、清朝末期には、ほとんどの満州族は満洲語を使用しなくなった[7]。満洲語の話者は満洲族の間でも極めて少なく、2021年現在、消滅危険度が最も高い「極めて深刻」と評価されている消滅危機言語の一つである[8][9]。2019年時点で、満洲語を母語とする者は15人ほどしかいないとされる[10](但し、満洲語と相互に意思疎通が可能とされ、満洲語の方言とされることもあるシベ語を含めれば3万人ほど話者がいる[11])。

清朝では、民間の漢人による満洲語と満洲文字の習得が禁止されていた[12]。漢人で満洲語と満洲文字を学ぶことを許されたのは、科挙合格者のうち第一等及び第二等を獲得し中央政治への参加を認められた者(状元榜眼)のみであった。

満洲語は中国の歴史学者にとっては高い歴史的価値を有し、特に清朝の研究については、漢文の文献には表記されていない内容を提供することが可能である。漢文と共に併記されている場合は、それを理解するための補助言語になり得る[13]。満洲語は限られた母音調和がみられる膠着語で、単語は主に女真語に対応することが実証されている。モンゴル語と中国語からの借用語も存在する。

満洲文字アラム文字ソグド文字ウイグル文字モンゴル文字などを親の文字体系とし、上から下へと垂直に書かれる。ᠠᠮᠠ (ama, 「父親」)、ᠠᡧᠠ (aša, 「叔父(母方の兄弟)」)、ᠠᠮᠠ (eme, 「母親」)、ᡝᡧᡝ (eše, 「叔父(母方の兄弟の妻)」)のように、母音の違いにより性別を区別することがある。満洲語版のネルチンスク条約では、「中国の書」を意味する ᡩᡠᠯᡳᠮᠪᠠᡳ
ᡤᡠᡵᡠᠨ ᡳ
ᠪᡳᠳᡥᡝ
(dulimbai gurun -i bithe)と表記される。

アイデンティティを維持すべく、清朝は旗人に向けて満洲語の授業と試験を始め、秀でた者を奨励した。漢文の書籍が満洲語に翻訳され、満洲語の文学は発展を遂げた。 満洲語の辞書を作ることも行われ、特に1787-94年(乾隆52-59)頃には乾隆帝の勅命により満洲語、チベット語モンゴル語テュルク語アラビア文字表記)、漢語に対応した辞書の「御製五体清文鑑」 (ᡥᠠᠨ ᡳ
ᠠᡵᠠᡥᠠ
ᠰᡠᠨᠵᠠ
ᡥᠠᠴᡳᠨ ᡳ
ᡥᡝᡵᡤᡝᠨ
ᡴᠠᠮᠴᡳᡥᠠ
ᠮᠠᠨᠵᡠ
ᡤᡳᠰᡠᠨ ᡳ
ᠪᡠᠯᡝᡴᡠ
ᠪᡳᡨᡥᡝ
han-i araha sunja hacin-i hergen kamciha manju gisun-i buleku bithe) が編纂された。

「御製五体清文鑑」の一部。上から満洲語、チベット語、チベット語の発音を満洲文字で示したもの、モンゴル語、ウイグル語(アラビア文字表記)、ウイグル語の発音を満洲文字で示したもの、漢文

しかし、旗人の間における満洲語の使用は、少なくとも18世紀から減少する兆しがあった。記録によると、1775年に盛京(現: 遼寧省瀋陽)から来た筆帖式ゴルミン(果爾敏)でさえ、乾隆帝が満洲語で話した内容を理解出来なかった。

系統

満洲語は、言語学的にはツングース諸語に分類される膠着語である。アルタイ語族があるとすればツングース語派に分類されることになる[14]。南ツングース語群に属する。女真語とは近縁とされるが、親子関係にはない。

方言および変種

南北2つの方言があるとされる。

北部方言

2021年現在、中国東北部黒龍江省富裕県友誼ダウール族満族キルギス族郷三家子村など)で継承されている満洲語は、東音を主体として北音の影響を受けた変種である。

南部方言

  • 南音:長白山一帯の方言。盛京(瀋陽)でも話されていた方言であり、この方言(女真語建州方言)を基に満洲語文語(満文)が作られた。
  • 西音:入関(清の中原支配開始)後、北京で話されていた方言。「京語」ともいう。南音を基盤に北音と東音の影響を受けて成立した。

西音は北京にて消失した。南音は中国東北部では既に消滅したものの、新疆にてシベ語として継承されている。

音韻

以下に満洲文語の音韻を概観する(ローマ字はメレンドルフ方式による満洲文字の翻字である)。必要に応じて国際音声記号による補足説明を加える。

単母音

以下の7つがある。

  • a:大部分は[ɑ]、t,d,n,l,mの前にあるときは[a]口蓋化子音の後は[ɛ]
  • e:大部分は[ɤ](現代中国語と同じ)、アクセントのない音節の場合は[ə]、口蓋化子音の後は[e]
  • i:i音
  • o:大部分は[ɔ]、アクセントのない音節と語頭は[o]になることがある
  • u:円唇[u]
  • ū:通常g, k, hの直後にのみ現れ、[ʊ]のような音であるとみられる。
  • ioi:[y]のような音であるとみられる(外来音)。

二重母音

  • -i系統:ai, ei, oi, ui, ūi
  • -o系統:ao[ɑu], eo[ɤu], io[iu], oo(ooはoの長母音ではなくむしろaoに近く発音)

母音調和

男性(陽性)母音・女性(陰性)母音・中性母音による母音調和が存在するが、厳格ではない。

男性母音 a, o, ū
女性母音 e
中性母音 i, u

子音

唇音 歯茎音 後部歯茎音 そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音
鼻音 [m] [n] ng[ŋ]
破裂音 p[p], b[b] t[t], d[d] c[tʃ], j[dʒ] k[k], g[ɡ] k[q], g[ɢ]
破擦音 (ts[ts], dz[dz])
摩擦音 f[f] s[s] š[ʃ] (ž[ʐ]) h[x] h[χ]
震え音 r[r]
側面音 l[l]
接近音(半母音) w[w] y[j]
  • p―bなど無声・有声の対立は、かつて有気・無気(/pʰ//p/など)の対立だったという見方もある。
  • sは[s]であるがiの直前でのみ[ʃ]であった。
  • c, jは硬口蓋破擦音[ʧ, ʤ]であった。
  • šは[ʃ]であるがiの直前でのみ[ʂ]であった。šiは固有の満洲語にはなく、漢文を音訳する際に用いる。
  • k, g, hは男性母音a, o, ūの直前では口蓋垂音[q, ɢ, χ]、女性母音・中性母音e, u, iの直前では軟口蓋音[k, ɡ, x]であったと見られる。
  • ngはnとgの2音ではなく軟口蓋鼻音[ŋ]を表す。
  • ts, dz, žは中国語を音訳するときに用いる。

音素配列上の特徴

音素の配列において以下のような特徴があり、それらの中には日本語と類似するものも少なくない。ただしrとlの区別がある。

  • wの直後にはa, e以外の母音が来ない。
  • 借用語を除いてt, dの直後にはiが来ない。
  • yの直後には母音iが来ない。Template:Span
  • ūは通常k, g, hの直後にのみ来うる。
  • 固有語においてrは語頭に立たない。
  • ngは音節頭に立たない。語中のngはk, gの直前にのみ現れる。
  • 音節末に立ちうる子音はb, m, t, n, r, l, s, k, ngである。
  • 語末に来うる子音はnのみである(ただし外来語はこの限りでない)。
  • 通常、音節頭あるいは音節末に子音が連続しない(ただし、音節末子音と音節頭子音が連続することはありうる)。

表記

満洲語の表記は、モンゴル文字を改良して作られた満洲文字を使う[15]。一方でラテン文字転写も盛んに行われている。主な転写法にメレンドルフ式と漢語拼音式があり、違いは以下の通りである。

音素 メレンドルフ式 漢語拼音式
[ʊ] ū v
[ʃ] š x
[tʃ] c q
[ts] ts c
[dz] dz z
[ʐ] ž ŕ
二重母音 ao,eo,io,oo au,eu,iu,ou
[y] ioi iui

文法

満洲語は類型論的に膠着語に分類され、語順は日本語と同じく「主語―補語―述語 (SOV)」の順である。修飾語は被修飾語の前に置かれる。

     si    manju     bithe      tacimbi.   (汝は満洲の書を学ぶ)
  主語   修飾語  被修飾語
    
  述語

また、関係代名詞がなく代わりに動詞連体形を取って名詞を修飾する。

    soktoho   niyalma   (酔った人)
    連体形   名詞

さらに、動詞を活用する(動詞語幹に接尾辞を付ける)ことで、日本語で言う過去形や連用形と同じ働きを、動詞に持たせることができる。

例えば、動詞 ᡤᡝᠨᡝᠮᠪᡳ genembi(行く)の語幹 ᡤᡝᠨᡝ᠊ gene- に、過去を表す hV をつけ ᡤᡝᠨᡝᡥᡝ gene-he とすると"行った"となる。大抵の場合、"hV"で過去を表せるが、例外もある。

ᡨᡠᠴᡳᠮᠪᡳ tucimbi(出る), ᠵᠠᠯᠠᠮᠪᡳ jalambi(止める), ᠵᠣᠮᠪᡳ jombi(思い出す), ᠰᠠᠮᠪᡳ sambi(知る), ᠰᡝᠮᠪᡳ sembi(言う), ᡠᡴᠠᠮᠪᡳ ukambi(逃げる), ᠰᡠᠩᡴᡝ sumbi(脱ぐ)などには-kVを付け、其々ᡨᡠᠴᡳᡴᡝ tucike (出た), ᠵᠠᠯᠠᡴᠠ jalaka (止めた), ᠵᠣᠩᡴᠣ jongko (思い出した), ᠰᠠᡥᠠ saha (知った), ᠰᡝᡥᡝ sehe (言った), ᡠᡴᠠᡴᠠ ukaka (逃げた), ᠰᡠᠩᡴᡝ sungke(脱いだ) とするのが一般的である。

  • ᡨᡝᡵᡝ
    ᠰᠠᡵᡤᠠᠨ
    ᠵᡠᡳ
    ᡥᠣᡨᠣᠨ
    ᡩᡝ
    ᡤᡝᠨᡝᡥᡝ᠉
    tere sargan jui hoton de gene-he.(その娘は町へ行った)
  • ᡨᡝᡵᡝ
    ᠰᠠᡵᡤᠠᠨ
    ᠵᡠᡳ
    ᠪᠣᠣ
    ᠴᡳ
    ᡨᡠᠴᡳᡴᡝ᠉
    tere sargan jui boo ci tuci-ke.(その娘は家から出た)
  • ᡨᡝᡵᡝ
    ᠰᠠᡵᡤᠠᠨ
    ᠵᡠᡳ
    ᠪᠣᠣ
    ᠴᡳ
    ᡨᡠᠴᡳᠮᡝ᠈
    ᡥᠣᡨᠣᠨ
    ᡩᡝ
    ᡤᡝᠨᡝᡥᡝ᠉
    tere sargan jui boo ci tuci-me, hoton de gene+he.(その娘は家から出て、町へ行った)
  • ᡨᡝᡵᡝ
    ᠰᠠᡵᡤᠠᠨ
    ᠵᡠᡳ
    ᠪᠣᠣ
    ᠴᡳ
    ᡨᡠᠴᡳᡶᡳ᠈
    ᡥᠣᡨᠣᠨ
    ᡩᡝ
    ᡤᡝᠨᡝᡥᡝ᠉
    tere sargan jui boo ci tuci-fi, hoton de gene+he.(その娘は家から出た後、町へ行った)
  • ᡨᡝᡵᡝ
    ᠰᠠᡵᡤᠠᠨ
    ᠵᡠᡳ
    ᠪᠣᠣ
    ᠴᡳ
    ᡨᡠᠴᡳᠴᡳᠪᡝ᠈
    ᡥᠣᡨᠣᠨ
    ᡩᡝ
    ᡤᡝᠨᡝᡥᡝ᠉
    tere sargan jui boo ci tuci-cibe, hoton de gene+he.(あの娘は家から出たが、町へ行った)
  • 体言の曲用は語幹の後ろに膠着的な語尾(助詞)が付くことによって表される。体言の格は主格(語尾なし)・属格 (᠊ᡳ -i/  ᠨᡳ -ni)・対格 (ᠪᡝ -be)・与位格 (ᡩᡝ -de)・具格 (᠊ᡳ -i/  ᠨᡳ -ni)・奪格 (ᠴᡳ -ci)・沿格 (ᡩᡝᡵᡳ -deri) がある。終格 (᠊ᡨᠠᠯᠠ -tala/᠊ᡨᡝᠯᡝ -tele/᠊ᡨᠣᠯᠣ -tolo) を認める場合もある。
  • 人称代名詞には1人称単数 ᠪᡳ bi、1人称複数 ᠪᡝ be および ᠮᡠᠰᡝ muse、2人称単数 ᠰᡳ si、2人称複数 ᠰᡠᠸᡝ suwe、3人称単数 i、3人称複数 ᠴᡝ ce がある。1人称複数 be は聞き手を除外した形、muse は聞き手を含めた形である。
  • 指示詞は近称と遠称の2系列からなる。ᡝᡵᡝ ere(これ)― ᡨᡝᡵᡝ tere(それ)、ᡠᠪᠠ uba(ここ)― ᡨᡠᠪᠠ tuba(そこ)、ᡝᠨᡨᡝᡴᡝ enteke(こんな)― ᡨᡝᠨᡨᡝᡴᡝ tenteke(そんな)、ᡠᡨᡨᡠ uttu(このように)― ᡨᡠᡨᡨᡠ tuttu(そのように)などがある。
  • 疑問詞には ᠸᡝ we(誰)、ᠶᠠ ya(どれ、誰)、ᠠᡳ ai(何)、ᠠᡳᠪᠠ aiba(どこ)、ᠶᠠᠪᠠ yaba(どこ)、 ᠠᠨᡨᠠᡴᠠ antaka(どう)、ᠠᡳᠨᡠ ainu(なぜ)、ᠠᡨᠠᠩᡤᡳ atanggi(いつ)、ᠠᡩᠠᡵᠠᠮᡝ adarame(どのように)などがある。
  • 満洲語の形容詞は語形変化をしない不変化詞である。
  • 動詞は終止形・連体形・副動詞形(接続形)がある。連体形は文末に来て終止形として用いられることが少なくない。
  • 後置詞は、ある種の単語の後ろに来て様々な文法的意味を付け加える付属語である。大きく分けて、体言の格形の後ろに来て格関係を表すもの、用言の後ろに来て副動詞的に用いられるもの、文末について様々なニュアンスを表すもの(日本語の終助詞に似る)がある。

語彙

満洲語の語彙には主に3つの特徴がある

  • 漁労、採集、畜産、騎射に関する語彙が非常に豊富である。これは満洲族が本来は狩猟民族であったことに由来する。
  • ツングース諸語の一種であるため、他のツングース系言語と共通する語彙が多い。
  • 満洲語の語彙の3分の1は外来語であるとみられる。最も多いのは中国語(北京語)からの借用であるが、モンゴル語チベット語サンスクリット語由来とみられる単語もある。

研究者び研究機関

研究者

研究機関

脚注

  1. “UNESCO Atlas of the World's Languages in Danger”. (2015年10月27日). http://www.unesco.org/culture/languages-atlas/en/atlasmap/language-id-454.html
  2. Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “満洲語 (満州語)”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/manc1252
  3. Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “満洲語 (満州語)”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/bala1242
  4. Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “満洲語 (満州語)”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/jing1263
  5. Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “満洲語 (満州語)”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/lali1241
  6. 鋤田 2019, p. 49.
  7. 鋤田 2019, p. 58.
  8. 現在の中国で識別されている「満族」のうち、満洲語を母語として話す(または話していた)ことが確認されているのは黒竜江省の農村部に分布するごく少数である。それ以外、特に都市部に居住する「満族」は中国語を母語としている。満洲語と満洲文字は清朝の第一公用語で行政言語であり清朝は満洲族に対し満洲語の学習をたびたび奨励したが、書記言語は公用文として使用されたものの、音声言語の使用は次第にすたれた。最後の皇帝であった愛新覚羅溥儀は幼少時に伊克坦という教師から満洲語を学んだが、習得できたのは、宮中儀礼の際、平伏しご機嫌伺いをした満洲人大臣に対し発する「イリ」(「ili」、立つを意味する「ilimbi」の命令形)のみだった。
  9. 鋤田 2019, pp. 49-50.
  10. “絵画・映像・音楽で魅せる世界 「アルル。」で金大偉さんの展示”. タウンニュース社. (2019年3月7日). https://www.townnews.co.jp/0304/2019/03/07/472203.html 2019年3月17日閲覧。
  11. 鋤田 2019, p. 50.
  12. 鋤田 2019, p. 51.
  13. Joseph, Fletcher (1973). “xv: Manchu Sources”. In Donald D. Leslie, Colin Mackerras & Wang Gungwu (PDF). Essays on the sources for Chinese history. Canberra : Australian National University Press. pp. 141-146. ISBN 0708103987. https://openresearch-repository.anu.edu.au/bitstream/1885/115137/2/b12002355.pdf
  14. 鋤田 2019, p. 47.
  15. 鋤田 2019, p. 48.

書籍および参考文献

  • 著者不明 『満洲実録』(ᠮᠠᠨᠵᡠ ᡳ
    ᠶᠠᡵᡤᡳᠶᠠᠨ
    ᡴᠣᠣᠯᡳ
    , manju -i yargiyan kooli)
  • 沈啓亮『大清全書』(ᡩᠠᡳᠴᡳᠩ
    ᡤᡠᡵᡠᠨ ᡳ
    ᠶᠣᠣᠨᡳ
    ᠪᡳᡨᡥᡝ
    , daicing gurun -i yooni bithe) 京師宛羽斎 1683年
  • 著者不明 『御製増訂清文鑑』(ᡥᠠᠨ ᡳ
    ᠠᡵᠠᡥᠠ
    ᠨᠣᠩᡤᡳᠮᡝ
    ᡨᠣᡴᡨᠣᠪᡠᡥᠠ
    ᠮᠠᠨᠵᡠ
    ᡤᡳᠰᡠᠨ ᡳ
    ᠪᡠᠯᡝᡴᡠ
    ᠪᡳᡨᡥᡝ
    , han -i araha nonggime toktobuha manju gisun -i buleku bithe)
  • 『満漢字清文啓蒙』(ᠮᠠᠨᠵᡠ
    ᠨᡳᡴᠠᠨ
    ᡥᡝᡵᡤᡝᠨ ᡳ
    ᠴᡳᠩ
    ᠸᡝᠨ
    ᡴᡳ
    ᠮᡝᠩ
    ᠪᡳᡨᡥᡝ
    , manju nikan hergen -i cin gwen ki meng bithe)
  • 『庸言知旨』(ᠠᠨ ᡳ
    ᡤᡳᠰᡠᠨ
    ᡩᡝ
    ᠠᠮᡨᠠᠨ
    ᠪᡝ
    ᠰᠠᡵᠠ
    ᠪᡳᡨᡥᡝ
    , an -i gisun de amtan be sara bithe) 1802年
  • 著者不明 『ニシャン・サマン伝』(満州語: ᠨᡳᡧᠠᠨ
    ᠰᠠᠮᠠᠨ ᡳ
    ᠪᡳᠳᡥᡝ
    , nišan saman -i bithe)
  • 羽田亨著 『満和辞典』(京都帝国大学満蒙調査会) 1937年 ISBN 9-576-14233-4、または ISBN 978-9-57614-233-8
  • 『ツングース-滿洲語比較辞典』(ロシア語: Сравнительный словарь тунгусо-маньчжурских языков) ツィンツィウス(Цинциус)/編 ソビエト連邦科学出版社 (1975) ISBN 不明
  • 安双成編著 『満漢大辞典』(中国語: 满汉大辞典) 遼寧民族出版社 1993年12月第1版発行 ISBN 7-80527-378-2、または ISBN 978-7-80527-378-5
  • 胡増益編著 『新満漢大辞典』(中国語: 新满汉大辞典、満洲語: ᡳᠴᡝ
    ᠮᠠᠨᠵᡠ
    ᠨᡳᡴᠠᠨ
    ᡤᡳᠰᡠᠨ
    ᡴᠠᠮᠴᡳᠪᡠᡥᠠ
    ᠪᡠᠯᡝᡴᡠ
    ᠪᡳᡨᡥᡝ
    , iche manzhu nikan gisun kamchibuha buleku bithe) 新疆人民出版社 1994年
  • 津曲敏郎著 『満州語入門20講』(大学書林2002年1月20日第1版発行 ISBN 4-475-01857-9、または ISBN 978-4-47501-857-9
  • 河内良弘清瀬義三郎則府編著 『満洲語文語入門』(京都大学学術出版会) 2002年6月25日
  • 安双成編著 『漢満大辞典』(中国語: 汉满大辞典、満洲語: ᠨᡳᡴᠠᠨ
    ᠮᠠᠨᠵᡠ
    ᠶᠣᠩᡴᡳᠶᠠᠩᡤᠠ
    ᠪᡠᠯᡝᡴᡠ
    ᠪᡳᡨᡥᡝ
    , nikan manju yongkiyangga buleku bithe) 遼寧民族出版社 2007年10月 ISBN 7-80722-160-7、または ISBN 978-7-80722-160-9
  • 季永海編著『満洲語文法』(中国語: 满语语法)(中央民族大学出版社)2011年3月第1版発行 ISBN 7-81108-967-X、または ISBN 978-7-81108-967-7
  • 瀛生(愛新覚羅氏)著『満洲語口語音典』(中国語: 满语口语音典)(華芸出版社)2014年12月第1版発行 ISBN 7-80252-445-8、または ISBN 978-78025-244-53
  • 鋤田, 智彦「清代における言語接触」『岩手大学人文社会科学部創立40周年記念国際シンポジウム報告書』、岩手大学人文社会科学部、2019年3月15日、 47-58頁。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.