清泰

清泰(せいたい)は五代の2番目の王朝である後唐李従珂の治世で用いられた元号。934年 - 936年。

  • 元年4月、改元。
  • 3年閏11月、後晋の高祖石敬瑭の即位により「天福」と改元。

西暦・干支との対照表

清泰元年2年3年
西暦934年935年936年
干支甲午乙未丙申

出典

旧五代史』巻45 唐書21 閔帝本紀
宣製改応順元年為清泰元年。
前の元号:
応順
中国の元号
後唐五代
次の元号:
天福後晋
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.