清河郡

清河郡(せいが-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の河北省南部と山東省北西部にまたがる地域に設置された。

概要

漢の高祖のときに清河郡が立てられた。紀元前147年景帝中3年)、劉乗が清河王に立てられると、清河郡は清河国と改められた。紀元前136年建元5年)、清河王劉乗が死去すると、清河国は廃止されて清河郡と改められた。紀元前114年元鼎3年)、再び清河国が置かれた。紀元前113年元鼎4年)、代王劉義が清河に移された[1]紀元前66年地節4年)、清河王が罪を受けて房陵に流されると、清河国は廃止されて清河郡と改められた[2]紀元前47年初元2年)、劉竟が清河王に立てられると、清河郡は清河国と改められた。紀元前44年(初元5年)、清河王劉竟が中山王に移封されると、清河国は清河郡に改められた[3]。前漢の清河郡は冀州に属し、清陽東武城繹幕貝丘信成𢘿題東陽信郷棗強復陽の14県を管轄した。王莽のとき、平河郡と改められた[4]

後漢が建てられると、清河郡にもどされた。82年建初7年)、劉慶が清河王に立てられると、清河郡は清河国と改められた[5]。清河国は甘陵・貝丘・東武城・鄃・霊・繹幕・広川の7県を管轄した[6]

のとき、清河国は清河・東武城・繹幕・貝丘・霊・鄃の6県を管轄した[7]

北魏のとき、清河郡は清河・貝丘・侯城武城の4県を管轄した[8]

北周のとき、清河郡は貝州に属した。

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、清河郡は廃止されて、貝州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、貝州が清河郡と改称された。清河郡は清河・清陽・宗城・清淵・経城・高唐・博平・茌平・鄃・武城・漳南・歴亭・臨清・清平の14県を管轄した[9]

621年武徳4年)、唐が竇建徳を平定すると、清河郡は貝州と改められ、清河・清陽・武城・宗城・夏津・漳南・歴亭・経城・臨清の9県を管轄した。742年天宝元年)、貝州は清河郡と改称された。758年乾元元年)、清河郡は貝州と改称され、清河郡の呼称は姿を消した[10]

脚注

  1. 史記』漢興以来諸侯王年表
  2. 漢書』宣帝紀
  3. 『漢書』宣元六王伝
  4. 『漢書』地理志上
  5. 後漢書』粛宗紀
  6. 『後漢書』郡国志二
  7. 晋書』地理志上
  8. 魏書』地形志二上
  9. 隋書』地理志中
  10. 旧唐書』地理志二
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.