深海村 (長崎県)

深海村(ふかのみむら)は、長崎県北高来郡にあった村。1956年(昭和31年)に東側[1]に位置する湯江町および小江村と合併し、高来町となった。

ふかのみむら
深海村
廃止日 1956年9月20日
廃止理由 新設合併
湯江町小江村深海村高来町
現在の自治体 諫早市
廃止時点のデータ
日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
北高来郡
総人口 2,470
国勢調査、1955年)
隣接自治体 諫早市、北高来郡小江村
深海村役場
所在地 長崎県北高来郡深海村大字深海船津名
ウィキプロジェクト

現在の諫早市高来地域の南西部にあたる。

地理

  • 河川:深海川

沿革

地名

を行政区域とする。また、名の名称に「深海」「藤田尾」の大字を冠する。

大字深海
  • 古場名
  • 建山名
  • 船津名
大字藤田尾(ふじたお)[2]
  • 大戸名
  • 冨地戸名

交通

鉄道

村域を日本国有鉄道長崎本線が通るが、駅は設置されていない。

学校


脚注

  1. 市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県 1956年9月1日
  2. 1956年、高来町発足時に大字を深海に改称。

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.