海 (1913年の歌曲)

」(うみ)は、日本の童謡文部省唱歌。作詞・作曲は不詳。

概要

1913年(大正2年)に発行された『尋常小学唱歌 第五学年用』にて発表。昼夜の海の情景を歌った曲である。

なお、同じ文部省唱歌でも1941年に発表された「海は広いな 大きいな」の歌い出しで始まる童謡「」とは同名異曲である。

歌詞

一、

松原遠く消ゆるところ、
白帆の影は浮かぶ。
干網浜に高くして、
かもめは低く波に飛ぶ。
見よ、昼の海。
見よ、昼の海。

二、

島山闇に著(しる)きあたり、
漁火、光淡し。
寄る波岸に緩くして、
浦風輕く沙吹く、
見よ、夜の海。
見よ、夜の海。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.