海軍大臣

日本
海軍大臣
かいぐんだいじん
担当官庁 海軍省
任命者
(天皇)
初代 西郷従道
創設 1885年明治18年)
12月22日
廃止 1945年昭和20年)
12月1日

海軍大臣(かいぐんだいじん)は、旧日本海軍を担当した日本閣僚

概要

海軍大臣は海軍省の長であり、天皇によって海軍大将または海軍中将から親任された。軍令部総長(海軍軍令部長)が軍令を担当したのに対し、海軍大臣は軍政を担当した。海軍大臣は「軍人は政治に関与してはならない」という伝統があった海軍内では唯一政治に関わることが許された役職である。武官としては親補職であるが、同時に文官としては親任官であるため、中将の就任者であっても大将に対し行政命令を発することが出来た[1]

特徴として、海軍におけるそのポストの重みがある。陸軍では陸相は必ずしも絶対的ではなかったが、海軍において海相は圧倒的な力を持っていた。海軍大臣は複数の内閣に渡って続けて長年、もしくは繰り返し務めることが多く、60年で18人の人物しかその職に就いていないないことからもそれは伺える[2]。また、そのうち5人が総理大臣を歴任した。

歴代大臣

氏名内閣就任日退任日
1 西郷従道
第1次伊藤内閣1885年(明治18年)12月22日1888年(明治21年)04月30日
黒田内閣1888年(明治21年)04月30日1889年(明治22年)12月24日
第1次山縣内閣1889年(明治22年)12月24日1890年(明治23年)05月17日
2 樺山資紀
1890年(明治23年)05月17日1891年(明治24年)05月06日
第1次松方内閣1891年(明治24年)05月06日1892年(明治25年)08月08日
3 仁礼景範
第2次伊藤内閣1892年(明治25年)08月08日1893年(明治26年)03月11日
4 西郷従道
1893年(明治26年)03月11日1896年(明治29年)09月18日
第2次松方内閣1896年(明治29年)09月18日1898年(明治31年)01月12日
第3次伊藤内閣1898年(明治31年)01月12日1898年(明治31年)06月30日
第1次大隈内閣1898年(明治31年)06月30日1898年(明治31年)11月08日
5 山本権兵衛
第2次山縣内閣1898年(明治31年)11月08日1900年(明治33年)10月19日
第4次伊藤内閣1900年(明治33年)10月19日1901年(明治34年)06月02日
第1次桂内閣1901年(明治34年)06月02日1906年(明治39年)01月07日
6 斎藤実
第1次西園寺内閣1906年(明治39年)01月07日1908年(明治41年)07月14日
第2次桂内閣1908年(明治41年)07月14日1911年(明治44年)08月30日
第2次西園寺内閣1911年(明治44年)08月30日1912年(大正元年)12月21日
第3次桂内閣1912年(大正元年)12月21日1913年(大正02年)02月20日
第1次山本内閣1913年(大正02年)02月20日1914年(大正03年)04月16日
7 八代六郎
第2次大隈内閣1914年(大正03年)04月16日1915年(大正04年)08月10日
8 加藤友三郎
1915年(大正04年)08月10日1916年(大正05年)10月09日
寺内内閣1916年(大正05年)10月09日1918年(大正07年)09月29日
原内閣1918年(大正07年)09月29日1921年(大正10年)11月13日
高橋内閣1921年(大正10年)11月13日1922年(大正11年)06月12日
加藤友三郎内閣1922年(大正11年)06月12日1923年(大正12年)05月15日
9 財部彪
1923年(大正12年)05月15日1923年(大正12年)09月02日
第2次山本内閣1923年(大正12年)09月02日1924年(大正13年)01月07日
10 村上格一
清浦内閣1924年(大正13年)01月07日1924年(大正13年)06月11日
11 財部彪
加藤高明内閣1924年(大正13年)06月11日1926年(大正15年)01月30日
第1次若槻内閣1926年(大正15年)01月30日1927年(昭和02年)04月20日
12 岡田啓介
田中義一内閣1927年(昭和02年)04月20日1929年(昭和04年)07月02日
13 財部彪
濱口内閣1929年(昭和04年)07月02日1930年(昭和05年)10月03日
14 安保清種
1930年(昭和05年)10月03日1931年(昭和06年)04月14日
第2次若槻内閣1931年(昭和06年)04月14日1931年(昭和06年)12月13日
15 大角岑生
犬養内閣1931年(昭和06年)12月13日1932年(昭和07年)05月26日
16 岡田啓介
齋藤内閣1932年(昭和07年)05月26日1933年(昭和08年)01月09日
17 大角岑生
1933年(昭和08年)01月09日1934年(昭和09年)07月08日
岡田内閣1934年(昭和09年)07月08日1936年(昭和11年)03月09日
18 永野修身
廣田内閣1936年(昭和11年)03月09日1937年(昭和12年)02月02日
19 米内光政
林内閣1937年(昭和12年)02月02日1937年(昭和12年)06月04日
第1次近衛内閣1937年(昭和12年)06月04日1939年(昭和14年)01月05日
平沼内閣1939年(昭和14年)01月05日1939年(昭和14年)08月30日
20 吉田善吾
阿部内閣1939年(昭和14年)08月30日1940年(昭和15年)01月16日
米内内閣1940年(昭和15年)01月16日1940年(昭和15年)07月22日
第2次近衛内閣1940年(昭和15年)07月22日1940年(昭和15年)09月05日
21 及川古志郎
1940年(昭和15年)09月05日1941年(昭和16年)07月18日
第3次近衛内閣1941年(昭和16年)07月18日1941年(昭和16年)10月18日
22 嶋田繁太郎
東條内閣1941年(昭和16年)10月18日1944年(昭和19年)07月17日
23 野村直邦
1944年(昭和19年)07月17日1944年(昭和19年)07月22日
24 米内光政
小磯内閣1944年(昭和19年)07月22日1945年(昭和20年)04月07日
鈴木貫太郎内閣1945年(昭和20年)04月07日1945年(昭和20年)08月17日
東久邇宮内閣1945年(昭和20年)08月17日1945年(昭和20年)10月09日
幣原内閣1945年(昭和20年)10月09日1945年(昭和20年)12月01日

記録

脚注

  1. 奥宮正武『大艦巨砲主義の盛衰』〈新戦史シリーズ47〉、朝日ソノラマ、1992年、318頁。
  2. 北岡伸一『政党から軍部へ』(中央公論新社、1999年)193頁

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.