海軍大将

海軍大将(かいぐんたいしょう)は、海軍階級の一つ。海軍中将の上に位置する。一般に将官の最高位であり、海軍軍人の最高位である。 英呼称である“admiral”はアラビア語で「海の司令官」を意味するアミール・アルバール“amīr al-baḥr”に由来する。ほかの海軍将官の階級と区別するためフル・アドミラル (Full admiral)と呼称することもあれば、 オランダのように国によってはアドミラルを元帥位とし、ルテナント・アドミラル (Lieutenant admiral)、それに類する呼称を使用することもある。

概要

海軍大将(:英:Admiral、:仏:Amiral)は、通常は海軍で最高位の将官である。ただし、元帥上級大将などの階級を置く制度をもつ国もあり、例えばアメリカ海軍では海軍元帥が最高階級となる。またロシア海軍ではロシア連邦元帥が制度上の最高位であるが、これは連邦軍共通の階級であるため海軍のみとしては海軍上級大将が最上位である。

一方フランスにも元帥が存在するが、これはフランス元帥という称号であって階級ではない。さらに大日本帝国にも元帥は存在したが、ただ1人の例外(陸軍元帥西郷隆盛)を除いて陸海軍ともに称号として存在しており、例えば元帥号を贈られた東郷平八郎の階級はあくまで海軍大将であり、元帥海軍大将と呼ばれる。

また、小規模な海軍では大将がない場合もある。例えば、アイルランド海軍では海軍代将が最上級である。

海上自衛隊の最上階級である海将は、海軍中将に相当するが、統合幕僚長又は海上幕僚長たる海将は海軍大将に相当し、特別の階級章が定められている等している。

なお陸軍、空軍、海兵隊の将官が将軍と称されるのに対し、海軍の将官は特に提督と称される。また他の海軍将官の階級と区別して表現したい場合はFull Adimralと表現する。

大日本帝国海軍大将一覧

日本海軍の海軍大将は西郷従道の進級から塚原二四三井上成美の進級まで合計77名。71名は人事異動に基づく定期進級である。残る6名のうち川村純義は病死後に、遠藤喜一南雲忠一高木武雄山縣正郷伊藤整一は第二次大戦中に戦死した中将に対して、生前の戦功と戦死に対する顕彰として大将に特進したものである。なお、名前が太字のものは元帥、補職について名称の変更があるものは代表的なもので統一している。表中の略語の意味は次の通りである。

GF連合艦隊 CF支那方面艦隊 F艦隊 AF航空艦隊
横鎮
横須賀鎮守府 呉鎮呉鎮守府 佐鎮佐世保鎮守府 舞鎮舞鶴鎮守府 旅鎮旅順鎮守府

姓名 肖像 進級時期 出身 海軍省 軍令部 司令長官
西郷従道1894年(明治27年)10月3日鹿児島・草創大臣
樺山資紀 1895年(明治28年)5月10日鹿児島・草創大臣,次官
軍務局長
部長
伊東祐亨1898年(明治31年)9月28日鹿児島・草創軍務局長部長GF
井上良馨1901年(明治34年)12月24日鹿児島・草創軍務局長部長常備艦隊
横鎮
東郷平八郎1904年(明治37年)6月6日鹿児島・草創部長GF
舞鎮
山本権兵衛1904年(明治37年)6月6日鹿児島・2期大臣
軍務局長
有栖川宮威仁親王1904年(明治37年)6月28日皇族・草創
川村純義1904年(明治37年)8月12日鹿児島・草創海軍卿
海軍大輔
柴山矢八1905年(明治38年)11月18日鹿児島・草創常備艦隊
佐鎮、呉鎮、旅鎮
鮫島員規1905年(明治38年)11月18日鹿児島・草創常備艦隊
横鎮、佐鎮
日高壮之丞1908年(明治41年)8月7日鹿児島・2期常備艦隊
舞鎮
片岡七郎1910年(明治43年)12月1日鹿児島・3期1F,3F
舞鎮
上村彦之丞1910年(明治43年)12月1日鹿児島・4期軍務局長次長1F,2F
横鎮
伊集院五郎1910年(明治43年)12月1日鹿児島
英海大
部長,次長
作戦部長
1F,2F
出羽重遠1912年(明治45年)7月9日福島・5期軍務局長次長1F,2F,4F
佐鎮
瓜生外吉1912年(大正元年)10月16日石川
アナポリス
作戦部長佐鎮,横鎮
斎藤実1912年(大正元年)10月16日岩手・6期大臣,次官
軍務局長
三須宗太郎1913年(大正2年)9月25日滋賀・5期次長旅鎮,舞鎮
島村速雄1915年(大正4年)8月28日高知・7期部長2F
佐鎮
加藤友三郎1915年(大正4年)8月28日広島・7期大臣,次官
軍務局長
1F
呉鎮
吉松茂太郎1916年(大正5年)12月1日高知・7期作戦部長GF,2F
呉鎮
藤井較一1916年(大正5年)12月1日岡山・7期次長1F
横鎮,佐鎮
八代六郎1918年(大正7年)7月2日愛知・8期大臣2F
佐鎮,舞鎮
加藤定吉1918年(大正7年)7月2日東京・10期2F
呉鎮
山下源太郎1918年(大正7年)7月2日山形・10期部長,次長
作戦部長
GF
佐鎮
名和又八郎1918年(大正7年)7月2日福井・10期2F
横鎮,舞鎮
村上格一1918年(大正7年)7月2日佐賀・11期大臣3F
呉鎮
東伏見宮依仁親王1918年(大正7年)7月2日皇族
仏海兵
2F
横鎮
有馬良橘1919年(大正8年)11月25日和歌山・12期作戦部長3F
山屋他人1919年(大正8年)11月25日岩手・12期次長GF,2F
横鎮
財部彪1919年(大正8年)11月25日宮崎・15期大臣,次官横鎮,佐鎮,舞鎮
黒井悌次郎1920年(大正9年)8月16日山形・13期3F
舞鎮
栃内曽次郎1920年(大正9年)8月16日岩手・13期次官
軍務局長
GF
佐鎮
野間口兼雄1920年(大正9年)8月16日鹿児島・13期軍務局長3F
横鎮,舞鎮
伏見宮博恭王1922年(大正11年)12月1日皇族
独海大
総長2F
佐鎮
鈴木貫太郎1923年(大正12年)8月3日千葉・14期次官
軍務局長
部長GF,2F,3F
呉鎮
竹下勇1923年(大正12年)8月3日鹿児島・15期次長
作戦部長
GF
呉鎮
小栗孝三郎1923年(大正12年)8月3日石川・15期軍務局長3F
舞鎮
岡田啓介1924年(大正13年)6月11日福井・15期大臣,次官GF
横鎮
井出謙治1924年(大正13年)6月11日静岡・16期次官
軍務局長
佐鎮
加藤寛治1927年(昭和2年)4月1日福井・18期部長,次長GF,2F
横鎮
安保清種1927年(昭和2年)4月1日佐賀・18期大臣,次官作戦部長横鎮,呉鎮
百武三郎1928年(昭和3年)4月2日佐賀・19期佐鎮
谷口尚真1928年(昭和3年)4月2日広島・19期部長GF,2F
呉鎮
山本英輔1931年(昭和6年)4月1日鹿児島・24期GF
横鎮
大角岑生1931年(昭和6年)4月1日愛知・24期大臣,次官
軍務局長
2F
横鎮
山梨勝之進1932年(昭和7年)4月1日宮城・25期次官呉鎮,佐鎮
小林躋造1933年(昭和8年)3月1日広島・26期次官
軍務局長
GF
野村吉三郎1933年(昭和8年)3月1日和歌山・26期次長3F
横鎮,呉鎮
中村良三1934年(昭和9年)3月30日青森・27期2F
呉鎮,佐鎮
末次信正1934年(昭和9年)3月30日山口・27期次長
作戦部長
GF,2F
横鎮
永野修身1934年(昭和9年)3月30日高知・28期大臣総長,次長GF
横鎮
高橋三吉1936年(昭和11年)4月1日東京・29期次長GF,2F
藤田尚徳1936年(昭和11年)4月1日東京・29期次官呉鎮
米内光政1937年(昭和12年)4月1日岩手・29期大臣GF,2F,3F
横鎮,佐鎮
百武源吾1937年(昭和12年)4月1日佐賀・30期次長
作戦部長
3F
横鎮,佐鎮
加藤隆義1939年(昭和14年)4月1日広島・31期次長
作戦部長
2F
呉鎮
長谷川清1939年(昭和14年)4月1日福井・31期次官CF,3F
横鎮
及川古志郎1939年(昭和14年)11月15日岩手・31期大臣総長
作戦部長
海上護衛,CF,3F
横鎮
塩沢幸一1939年(昭和14年)11月15日長野・32期5F
横鎮,佐鎮
吉田善吾1940年(昭和15年)11月15日佐賀・32期大臣
軍務局長
GF,CF,2F
横鎮
山本五十六1940年(昭和15年)11月15日新潟・32期次官GF
嶋田繁太郎1940年(昭和15年)11月15日東京・32期大臣総長,次長
作戦部長
CF,2F
横鎮,呉鎮
豊田貞次郎1941年(昭和16年)4月4日和歌山・33期次官
軍務局長
佐鎮
豊田副武1941年(昭和16年)9月18日大分・33期軍務局長総長GF,2F,4F
呉鎮
古賀峯一1942年(昭和17年)5月1日佐賀・34期次長GF,CF,2F
横鎮
近藤信竹1943年(昭和18年)4月29日大阪・35期次長
作戦部長
CF,2F,5F
高須四郎1944年(昭和19年)3月1日茨城・35期南西方面,1F,4F,5F,第2遣支
野村直邦1944年(昭和19年)3月1日鹿児島・35期大臣海上護衛,第3遣支
呉鎮
沢本頼雄1944年(昭和19年)3月1日山口・36期次官第2遣支
呉鎮
遠藤喜一1944年(昭和19年)5月3日東京・39期9F,第1遣支
南雲忠一1944年(昭和19年)7月8日山形・36期中部太平洋方面,1AF,3F,
呉鎮,佐鎮
高木武雄1944年(昭和19年)7月8日福島・39期6F
高雄警備府
山縣正郷1945年(昭和20年)3月17日山口・39期4南遣
伊藤整一1945年(昭和20年)4月7日福岡・39期次長2F
塚原二四三1945年(昭和20年)5月15日山梨・36期次長11AF
横鎮
井上成美1945年(昭和20年)5月15日宮城・37期次官
軍務局長
4F

歴史上における著名な提督(世界)

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.