海上訓練指導隊群

海上訓練指導隊群(かいじょうくんれんしどうたいぐん、英称:Fleet Training Command)とは、海上自衛隊護衛艦隊に属する海上訓練指導部隊であり、司令部は神奈川県横須賀基地(新井地区)におかれている。海上訓練指導隊群司令は1等海佐(一)[1]をもって充てられており[2]、幕僚(1等海佐2等海佐)が補佐する。

海上訓練指導隊群
創設 1962年(昭和37年)7月1日
再編成 1978年(昭和53年)7月1日(開発指導隊群:改編)
2002年(平成14年)3月22日(海上訓練指導隊群:改編)
所属政体 日本
所属組織 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 教育訓練、研究
所在地 神奈川県 横須賀市
上級単位 護衛艦隊

沿革

  • 1954年(昭和29年)12月1日:「海上訓練指導隊」が新編、横須賀地方隊隷下に編入。
  • 1955年(昭和30年)7月1日:海上訓練指導隊が自衛艦隊隷下に編成替え。
  • 1958年(昭和33年)10月1日:自衛艦隊隷下に第2海上訓練指導隊が呉基地に新編。海上訓練指導隊を第1海上訓練指導隊に改称。
  • 1959年(昭和34年)11月1日:自衛艦隊隷下に第3海上訓練指導隊が佐世保基地に新編。
  • 1962年(昭和37年)7月1日:自衛艦隊隷下に「海上訓練指導隊群」が新編。編成は司令部(横須賀)、第1海上訓練指導隊、第2海上訓練指導隊、第3海上訓練指導隊。
  • 1967年(昭和42年)10月1日:第11海上訓練指導隊を江田島に新編。
  • 1970年(昭和45年)3月2日:第4海上訓練指導隊を舞鶴基地に新編。
  • 1978年(昭和53年)7月1日:海上訓練指導隊群が廃止、自衛艦隊隷下に「開発指導隊群」が新編。
  • 1982年(昭和57年)6月1日:誘導武器教育訓練隊、戦術訓練装置運用隊を新編。
  • 1990年(平成02年)10月1日:佐世保戦術訓練装置運用隊を新編。戦術訓練装置運用隊を横須賀戦術訓練装置運用隊に改称。
  • 2002年(平成14年)3月22日:開発指導隊群が廃止。護衛艦隊隷下に「海上訓練指導隊群」が新編。
  1. 第1~4海上訓練指導隊を横須賀、呉、佐世保、舞鶴海上訓練指導隊に改称し、海上訓練指導隊群隷下に編入。第11海上訓練指導隊が廃止。大湊海上訓練指導隊を新編。
  2. 横須賀、佐世保戦術訓練装置運用隊が廃止。誘導武器教育訓練隊を海上訓練指導隊群隷下に編入。
  • 2020年(令和02年)10月1日:部隊改編
  1. 誘導武器教育訓練隊を「水上戦術開発指導隊」に改編[3]
  2. 横須賀・佐世保基地海上訓練指導隊の対潜戦術科を廃止。対潜戦術訓練装置(SATT)の運用と訓練指導は、水上戦術開発指導隊に移管された[4]

司令部編成

司令部は、横須賀基地新井地区に設置されている。

  • 海上訓練指導隊群司令
    • 首席幕僚
    • 幕僚
    • 先任伍長

また、自衛艦隊#司令部の編成を参照。

部隊編成

海上訓練指導隊群は、5つの海上訓練指導隊及び水上戦術開発指導隊から成る。

  • 横須賀海上訓練指導隊(新井)
  • 呉海上訓練指導隊(呉)
  • 佐世保海上訓練指導隊(干尽)
  • 舞鶴海上訓練指導隊(舞鶴)
  • 大湊海上訓練指導隊(大湊)
  • 水上戦術開発指導隊(船越)

海上訓練指導隊の職務・編成

海上訓練指導隊は、自衛艦等の乗員に対する訓練の指導、並びにそれらに必要な調査・研究等を行う。

  • 海上訓練指導隊司令(1等海佐)
  • 副長
    • 総務科
    • 指導部
      • 訓練科
      • 砲雷科
      • 船務航海科
      • 機関科
    • 教育科(横須賀海上訓練指導隊のみ)

水上戦術開発指導隊の職務・編成

水上戦術開発指導隊は、自衛艦に装備された誘導武器や戦闘指揮システムについての教育訓練及び訓練協力、対潜戦術訓練装置を使用した護衛艦に対する訓練の指導、並びにそれらに必要な調査・研究等を行う。

  • 水上戦術開発指導隊司令(1等海佐)
  • 副長
    • 総務科
    • 企画科
    • 整備科
    • 戦術開発部
    • 指導部
    • 教育部
      • 教育第1科
      • 教育第2科
      • 学生隊

主要幹部

官職名階級氏名補職発令日前職
海上訓練指導隊群司令1等海佐岩澤努2017年12月20日システム通信隊群司令
首席幕僚1等海佐𠮷福俊彦2020年08月28日海上訓練指導隊群司令部勤務
横須賀海上訓練指導隊司令1等海佐遠藤昭彦2020年04月22日第1練習隊司令
呉海上訓練指導隊司令1等海佐水田英幹2019年12月02日かが艦長
佐世保海上訓練指導隊司令1等海佐三浦則文2020年08月03日第3護衛隊司令
舞鶴海上訓練指導隊司令1等海佐藤原秀幸2020年08月28日海上自衛隊第1術科学校教育第1部長
大湊海上訓練指導隊司令1等海佐堀川雄司2019年08月01日おおすみ艦長
水上戦術開発指導隊司令1等海佐本山勝善2020年12月01日護衛艦隊司令部勤務


歴代の海上訓練指導隊群司令
氏名在職期間出身校・期前職後職備考
海上訓練指導隊群司令(自衛艦隊隷下)(海将補
1星子直明1962年7月1日
1963年7月15日
神戸高等商船第3護衛隊群司令
→1962年5月1日
自衛艦隊司令部付
大阪基地隊
→1963年10月1日
停年退官(海将補昇任)
1等海佐
2森本義久1963年7月16日
1964年12月15日
海兵60期舞鶴地方総監部防衛部長横須賀地方総監部
→1965年3月21日
停年退官(海将補昇任)
1等海佐
3久原一利1964年12月16日
1965年6月30日
海兵60期練習艦隊司令官
→1964年11月1日
海上幕僚監部
護衛艦隊司令官
-國谷正信1965年7月1日
1965年7月15日
海兵64期第1海上訓練指導隊司令として海上訓練指導隊群司令代理1等海佐
4池田徳太1965年7月16日
1967年1月9日
海兵60期防衛大学校訓練部長護衛艦隊司令官1966年7月1日
海将昇任
5水谷秀澄1967年1月10日
1967年6月30日
海兵62期練習艦隊司令官
→1966年11月16日
自衛艦隊司令部付
大湊地方総監
6余田四郎1967年7月1日
1970年3月31日
海兵64期海上幕僚監部調査部長海上幕僚監部付
→1970年7月1日 退職(海将昇任)
7石森重郎1970年4月1日
1971年6月30日
海兵66期第1掃海隊群司令
→1969年12月16日
自衛艦隊司令部付
海上幕僚監部付
→1971年12月1日 退職
8新井貫一1971年7月1日
1972年12月15日
海兵69期護衛艦隊司令部幕僚長海上幕僚監部監察官
9森田友幸1972年12月16日
1974年6月30日
海兵68期第1護衛隊群司令海上幕僚監部付
→1974年10月1日 退職
10西垣英夫1974年7月1日
1976年3月31日
海兵71期第1掃海隊群司令海上幕僚監部付
→1976年7月1日 退職
11常廣栄一1976年4月1日
1977年5月31日
海兵71期練習艦隊司令官
→1975年12月16日
自衛艦隊司令部付
海上幕僚監部付
→1977年7月1日
統合幕僚会議事務局長
統合幕僚学校長
1976年12月1日
海将昇任
12成合正義1977年6月1日
1978年6月30日
海兵73期護衛艦隊司令部幕僚長開発指導隊群司令
開発指導隊群司令(自衛艦隊隷下)(海将補)
1成合正義1978年7月1日
1979年1月31日
海兵73期海上訓練指導隊群司令海上幕僚監部付
→1979年4月2日 退職
2伴野丈夫1979年2月1日
1980年12月4日
海兵74期第2護衛隊群司令海上自衛隊第1術科学校長1979年3月22日
海将昇任
3植田一雄1980年12月5日
1981年12月24日
海兵74期海上幕僚監部監察官退職海将
4曽根龍男1981年12月25日
1983年6月30日
専修大
1期幹候
海上自衛隊第1術科学校副校長退職
5能津長和1983年7月1日
1984年6月5日
海保大1期・
4期幹候
自衛艦隊司令部付護衛艦隊司令官
6小畑清幸1984年6月6日
1985年12月19日
海兵78期統合幕僚会議事務局第3幕僚室長
→1984年3月16日
海上幕僚監部付
退職1985年8月1日
海将昇任
7小川正美1985年12月20日
1986年12月4日
水産講習所
2期幹候
練習艦隊司令官
→1984年12月17日
自衛艦隊司令部
退職
8白石洋介1986年12月5日
1988年3月15日
防大1期第3護衛隊群司令海上幕僚監部付
→1988年7月7日 退職
9鈴木克男1988年3月16日
1989年6月29日
防大2期舞鶴地方総監部幕僚長退職
10野崎 亮1989年6月30日
1990年7月8日
防大2期プログラム業務隊司令退職就任時1等海佐
1989年8月1日
海将補昇任
11齋藤克彦1990年7月9日
1993年12月14日
防大5期第1護衛隊群司令退職
12五味睦佳1993年12月15日
1995年3月22日
防大8期練習艦隊司令官大湊地方総監
13長崎嘉徳1995年3月23日
1997年3月25日
防大9期佐世保地方総監部幕僚長海上自衛隊第1術科学校長
14山田道雄1997年3月26日
1999年3月30日
防大11期練習艦隊司令官
→1996年12月16日
海上幕僚監部付
海上自衛隊幹部学校長
15中河道春1999年3月31日
2001年1月10日
自衛艦隊司令部作戦主任幕僚退職
16関 泰雄2001年1月11日
2002年3月21日
防大14期海上幕僚監部監察官開発隊群司令
海上訓練指導隊群司令(護衛艦隊隷下)(1等海佐(一))
1古閑 修2002年3月22日
2004年3月28日
防大16期第62護衛隊司令
→2001年8月1日
護衛艦隊司令部勤務
第3護衛隊群司令
-香田洋二2004年3月29日
2004年7月6日
防大16期護衛艦隊司令官として海上訓練指導隊群司令事務取扱海将
2柴田哲冶2004年7月7日
2005年12月19日
防大16期第63護衛隊司令退職(海将補昇任)
3岩渕秀樹2005年12月20日
2006年12月19日
防大18期横須賀地方総監部防衛部長
4井手剛一2006年12月20日
2007年12月2日
防大19期第63護衛隊司令
5清水利広2007年12月3日
2010年8月1日
防大21期第24護衛隊司令
6太田也寸志2010年8月2日
2011年7月31日
防大22期海上自衛隊第1術科学校副校長
7井ノ久保雄三2011年8月1日
2012年7月31日
防大23期横須賀警備隊司令
8内山哲也2012年8月1日
2014年5月25日
防大25期函館基地隊司令 
9平野晃胤2014年5月26日
2016年11月30日
防大27期大湊海上訓練指導隊司令 
10大判英之2016年12月1日
2017年12月19日
防大30期護衛艦隊司令部訓練主任幕僚第2護衛隊群司令
11岩澤努2017年12月20日防大31期システム通信隊群司令 

脚注

  1. 自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令
  2. 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)第18条の3”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年8月30日). 2020年1月5日閲覧。
  3. 防衛省人事発令(2020年10月1日:1佐職人事)
  4. 「横須賀海上訓練指導隊 対潜戦術科が廃止 SATT運用 水上戦術開発指導隊に移管 (2020年10月1日)」朝雲新聞(2020年10月29日付)

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.