海の中道大橋

海の中道大橋
基本情報
日本
所在地 福岡県福岡市東区
交差物件 博多湾
座標 北緯33度40分25秒東経130度24分25秒
構造諸元
形式 アーチ橋
全長 750m
上下線各12.5m
高さ 24m
最大支間長 140m[1]
地図
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式

海の中道大橋(うみのなかみちおおはし)は、博多湾に架かるアーチ橋である。

概要

福岡市東区のみなと香椎3丁目(アイランドシティ)と大字奈多(雁の巣)とを結ぶ。2002年10月26日暫定2車線歩道は片側のみ設置)で開通。2014年3月26日に4車線化が完了した。 都市計画道路海の中道アイランド線の一部である。当橋梁の開通により、福岡高速道路1号線箱崎出入口海の中道間の距離が短縮され、東区の交通は飛躍的に円滑化した。

2006年8月25日、福岡市職員の22歳の男が飲酒運転によりこの橋で追突事故を起こし、追突された車は、ガードレールの強度がもたず橋から転落、5人家族のうち幼い子ども3人が死亡した。

周辺

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.