浅野応輔

浅野 応輔(あさの おうすけ、1859年安政6年)6月 - 1940年昭和15年)9月23日)は、明治から昭和時代前期の電気工学者、通信技術者。

浅野応輔
浅野応輔

経歴・人物

備中岡山県)に生まれる[1][2]

1881年(明治14年)工部大学校電気工学科(現:東京大学)を卒業し、同年工部大学校教官となる[3]。同校助教授、東京電信学校長兼幹事、逓信省電務局電気試験所(現:電子技術総合研究所)初代所長、逓信技師、電気試験所所長を経て、1899年(明治32年)東京帝国大学工科大学(現:東京大学工学部)教授となる[3]。その後、早稲田大学教授、早稲田大学工科長を経て1920年大正9年)早稲田大学理工学部学部長となる[3]

その間、1893年(明治26年)12月、逓信省電務局電気試験所所長を勤めていた際、電気事業調査のため欧米各国へ派遣され、大西洋横断海底電信線敷設事業に参加した[3]1895年(明治28年)帰国すると、東京市区改正委員会の嘱託を受け、電気事業取締規則を編成した[3]。その後、大隅-台湾間の海底電信線敷設の設計及び工事に携わり、1897年(明治30年)竣工した[3]。また、1903年(明治36年)には自身が開発した通信機で長崎-台湾間の通信に成功した[3]

ほか万国電気単本位国際会議学術委員、万国電気工芸委員会日本委員会長、電気学会会長などを務めた[3]勲二等瑞宝章受章[3]

栄典

親族

脚注

  1. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『浅野応輔』 - コトバンク
  2. 20世紀日本人名事典(日外アソシエーツ)『浅野 応輔』 - コトバンク
  3. 電子情報通信学会『知識の森』、14群(歴史・年表・資料)、3編 電子情報通信人名録、2019年3月8日閲覧。
  4. 『官報』第4326号「叙任及辞令」1897年12月1日。
  5. 『官報』第6256号「叙任及辞令」1904年5月11日。
  6. 『官報』第7770号「叙任及辞令」1909年5月22日。
  7. 『官報』第558号「叙任及辞令」1914年6月11日。
  8. 『官報』第724号「叙任及辞令」1914年12月29日。
  9. 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年、34頁。
学職
先代:
阪田貞一
早稲田大学理工科
2代:1916年 - 1921年
次代:
山本忠興
先代:
中野初子
電気学会会長
4代:1913年 - 1915年
次代:
山川義太郎
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.