浄閑寺

浄閑寺(じょうかんじ)は東京都荒川区南千住にある浄土宗寺院。山号は栄法山。吉原遊廓の近くにあり、遊女投げ込み寺としても知られる。

浄閑寺

所在地 東京都荒川区南千住2-1-12[1]
位置 北緯35度43分50.7秒
東経139度47分33.6秒
山号 栄法山[2]
院号 清光院[2]
宗旨 浄土宗[2]
本尊 阿弥陀如来[2]
創建年 1655年(明暦元年)[1]
開山 晴誉[2]
正式名 栄法山清光院浄閑寺[1]
別称 投込寺[1]
公式HP 栄法山清光院浄閑寺
法人番号 9011505000310

地名の三ノ輪から「三ノ輪の浄閑寺」と称されることも多い。

歴史

1655年に創建され、吉原遊廓の誕生(1657年)よりも2年早い。寺のウェブサイトによると、同寺が投込寺と呼ばれるようになったのは安政の大地震1855年)で大量の遊女が死亡した際にこの寺に投げ込んで葬ったことによる[1]

「病気などで死んだ遊女は吉原遊廓の場合、浄閑寺に『~売女』という戒名で文字通り投込まれた」という説もあるが、それを裏付ける資料は古文書には一切なく、「売女」の戒名は、「心中」「枕荒らし」「起請文乱発」「足抜け」「廓内での密通」「阿片喫引」など吉原の掟を破った者に限られていることが最近の研究で明らかになっている。この場合素裸にされた上に荒菰(あらごも)に包まれ、寺に投げ込まれた。「人間として葬ると後に祟るので、犬や猫なみに扱って畜生道に落とす」という考えによったとものとされている。

史跡

行事

  • 荷風忌 - 4月30日[1]

所在地

東京都荒川区南千住2-1-12[1]

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.