泰増寺

泰増寺

泰増寺(たいぞうじ)は、愛知県名古屋市天白区にある曹洞宗寺院山号は護国山[1]

概要

1494年明応3年)3月、尾張国小牧天台宗の僧侶である覚円房が創立した[1]。ただしこれは荒廃し、美濃国平岩の僧・真常が清須下郷において再興を図ったが、洪水で流失する[1]1572年元亀3年)、真言宗僧侶の正円が再建を志すが、失敗に終わる[1]天正年間、機運祖全の手によって、曹洞宗の寺院としてついに再興を果たした[1]清洲越しに際して、新栄町5丁目に移転[1]。現在は名古屋市天白区天白町平針黒石に所在する[2]

脚注

  1. 名古屋市役所 1915, p. 592.
  2. 護国山泰増寺”. 2016年10月7日閲覧。

参考文献

  • 名古屋市史 社寺篇』名古屋市役所、名古屋市、1915年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.