治平 (徐寿輝)

治平(ちへい)は中国元末徐寿輝が建てた私年号。1351年 - 1355年(1350年建元説もある)。太平にも作る。

正史は徐寿輝の年号として「治平」しか挙げていないが、李崇智の整理によれば、清代の考証ではこのほか「天啓」「天定」を挙げ、また考古史料により「太平」も確認されている。ただし元年と末年、改元の順については諸説が錯綜しており、定説が確立していない。

西暦・干支・他元号との対照表

治平元年2年3年4年5年
西暦1351年1352年1353年1354年1355年
干支辛卯壬辰癸巳甲午乙未
至正11年至正12年至正13年至正14年至正15年

出典

元史』巻42 本紀第42 順帝8 至正11年冬10月条
徐寿輝拠水為都、国号天完、僭称皇帝、改元治平、以鄒普勝為太師。
明史』巻123 列伝第11 陳友諒
至正十一年九月陥水及黄州路、敗元威順王寛徹不花。遂即水為都、称皇帝、国号天完、建元治平、以普勝為太師。

参考文献

  • 李崇智 『中国歴代年号考 修訂本』(北京:中華書局,2001年1月) ISBN 7101025129 200 - 201ページ。
  • 鄧洪波編 『東亜歴史年表』(台北:台湾大学出版中心,2005年3月) ISBN 9860005184 222ページ。

関連項目

前の元号:
(なし)
中国の元号
天完
次の元号:
太平
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.