油そば

どんぶりの底に入ったごま油や、しょうゆベースのタレに[1]ラー油などの調味料を好みでかけ、麺に絡めて食べる[2]。代表的な具は温泉玉子、刻み海苔メンマチャーシューネギなどである[1][3]背脂チーズマヨネーズ天かすベビースターラーメンなどを具に入れている店もある。店によっては油そばではなく、「もんじゃそば」、「まぜそば」、「手抜きそば」、「あぶらーめん」などと称する[4]ことがあり、単純に「汁なしラーメン」ともいわれる[5]

油そば

油そば(あぶらそば)は、料理の一種。スープのないラーメンによく似た食べ物である。

歴史

1952年昭和27年)に創業した国立市一橋大学そばの「三幸」が、のびたラーメンをヒントに昭和30年代前半頃から酒の肴として提供を開始したとする説や[6][4]、同じく昭和30年代[7][8]武蔵野市境の亜細亜大学そばの「珍々亭」が中国の拌麺をヒント[1]に油そばを発売し[7][8][9]たという2説が存在している。いずれにしても、東京都武蔵野地区から他地域に広がっていった[4]。その後、1996年平成8年)ごろから流行し[10]、1997年の読売新聞では『今年ヒットした話題の商品』の13位にランクインしている[11]2002年(平成14年)には、明星食品から武蔵野市吉祥寺「ぶぶか」の油そばの即席麺が商品化されている[10]

学生と油そば

安価である・ボリュームがあるなどから学生に支持され繁盛していったという[12][9]グレート義太夫によれば亜細亜大学入学後、先輩に通過儀礼だといわれ、油そばを提供する店に連れていかれ、最初はおいしくないと思ったものの、何度か通ううちにはまったという[7]。「珍々亭」では麺、スープなどを通信販売しているが多くは亜細亜大学のOBからの注文であるという[2]。一部の学生食堂の名物メニューとなっている場合もある[13][14]

参考画像

脚注

  1. 日本経済新聞大阪版 1997年9月3日 夕刊 29面
  2. 日本経済新聞大阪版 1997年1月26日 夕刊 22面
  3. つけめんまぜそば P.103
  4. 週刊朝日 P.146
  5. ラーメン屋「油そば食べる客はバカ」 原価率18%のメシウマメニュー - もぐもぐニュース
  6. 新・多摩のラーメン感動の100店 P.127-128
  7. 週刊朝日 P.147
  8. 新・多摩のラーメン感動の100店 P.41
  9. 新・多摩のラーメン感動の100店 P.41 P.125
  10. つけ麺&まぜそば 名店100 首都圏版 P.66
  11. 読売新聞 1997年11月28日 夕刊 5面
  12. 日本経済新聞 2005年7月23日 夕刊 7面
  13. 食堂等の営業案内について”. 横浜国立大学. 2015年10月11日閲覧。
  14. 食堂・売店等(福利厚生施設)”. 長岡技術科学大学. 2020年5月6日閲覧。

参考文献

  • 旭屋出版編集部『つけめんまぜそば : 人気ラーメン店の最新技術』旭屋出版、2011年。ISBN 978-4-7511-0937-3。
  • 多摩武蔵野らー団『多摩のラーメン感動の100店』けやき出版、2001年。ISBN 4-87751-124-5。
  • 『つけ麺&まぜそば名店100 : 首都圏版』学研マーケティング、2015年。ISBN 978-4-05-610859-0。
  • 週刊朝日』、朝日新聞出版、1997年2月14日。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.