河野真太郎

河野 真太郎(こうの しんたろう、1974年 - )は、日本の英文学者一橋大学准教授を経て、専修大学教授。専門は20世紀イギリス文化社会

来歴

山口県生まれ。山口県立山口高等学校を経て、1998年一橋大学法学部卒、2005年東京大学大学院人文社会系研究科欧米系文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。2012年一橋大学博士(学術)[1][2]

2005年京都ノートルダム女子大学人間文化学部専任講師。2009年一橋大学大学院商学研究科産業文化講座専任講師、2011年准教授。2015年-2016年スウォンジー大学リチャード・バートン・センター・フェロー[3]。2018年一橋大学大学院経営管理研究科准教授(改組)。2019年専修大学法学部教授。2020年専修大学国際コミュニケーション学部教授[4]

著書

  • 『〈田舎と都会〉の系譜学——二〇世紀イギリスと「文化」の地図』ミネルヴァ書房、2013年
  • 『戦う姫、働く少女(POSSE叢書 Vol.3)』堀之内出版、2017年

共編著

  • 『転回するモダン——イギリス戦間期の文化と文学』遠藤不比人大田信良加藤めぐみ・高井宏子・松本朗との共編、研究社、2008年
  • 『愛と戦いのイギリス文化史 1951-2010年』川端康雄大貫隆史佐藤元状秦邦生との共編、慶応義塾大学出版会、2011年
  • 『文学研究のマニフェスト——ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門』三浦玲一編著、遠藤不比人・大田信良・越智博美中井亜佐子中山徹との共著、研究社、2012年
  • 『文化と社会を読む——批評キーワード辞典』大貫隆史・川端康雄との共編著、研究社、2013年
  • 『ジェンダーにおける「承認」と「再分配」──格差、文化、イスラーム』越智博美との共編、彩流社、2015年
  • 『終わらないフェミニズム──「働く」女たちの言葉と欲望』日本ヴァージニア・ウルフ協会、麻生えりか、秦邦生、松永典子との共編、研究社、2016年

共著

  • 『現代批評理論のすべて』大橋洋一編、新書館、2006年
  • 『愛と戦いのイギリス文化史 1900-1950年』武藤浩史・遠藤不比人・大田信良・川端康雄・木下誠編、慶應義塾大学出版会、2007年
  • 『ジェンダーと「自由」──理論、リベラリズム、クィア』三浦玲一・早坂静編、彩流社、2013年
  • 『労働と思想』市野川容孝・渋谷望編、堀之内出版、2015年
  • 『グローバル・ヒストリーとしての「1968年」──世界が揺れた転換点』 西田慎梅崎透編、ミネルヴァ書房、2015年
  • 『文学研究から現代日本の批評を考える──批評・小説・ポップカルチャーをめぐって』西田谷洋編、ひつじ書房、2017年
  • Futility and Anarchy: British Literature in Transition 1920-1940. Eds. Charles Ferrall and Dougal McNeill, Cambridge University Press, 2018.
  • 『私たちの「戦う姫、働く少女」』ジェンダーと労働研究会編、田中東子・中村香住・川口遼・永山聡子との共著、堀之内出版、2019年
  • 『二〇世紀「英国」小説の展開』高橋和久・丹治愛編、松柏社、2020年
  • 『ジェンダーと身体──開放への道のり』川本玲子編、小鳥遊書房、2020年

翻訳

  • 『帝国との対決——イクバール・アフマド発言集』デイヴィッド・バーサミアン(インタヴュアー)、 大橋洋一・大貫隆史との共訳、太田出版、2003年
  • フレドリック・ジェイムスン『カルチュラル・ターン』合庭惇・秦邦生との共訳、作品社、2006年
  • 『権力、政治、文化——エドワード・W・サイード発言集成』(上下巻)、ゴーリ・ヴィスワナタン編、大橋洋一・三浦玲一・坂野由紀子・田村理香・横田保恵との共訳、太田出版、2007年
  • エドワード・W・サイード『文化と抵抗』デーヴィッド・バーサミアン(インタヴュアー)、 大橋洋一・大貫隆史との共訳、ちくま学芸文庫、2008年
  • トニー・ジャット『失われた二〇世紀』(上下巻)、生駒久美・伊澤高志・近藤康裕・高橋愛との共訳、NTT出版、2011年
  • T・ベネット、L・グロスバーグ、M・モリス(編)『新キーワード辞典——文化と社会を読み解くための語彙集』秦邦生・大貫隆史との共訳、ミネルヴァ書房、2011年
  • ピーター・バーク『文化のハイブリディティ』法政大学出版局、2012年
  • フレドリック・ジェイムソン『未来の考古学2——思想の達しうる限り』秦邦生・大貫隆史との共訳、作品社、2012年
  • レイモンド・ウィリアムズ『共通文化にむけて——文化研究I』川端康雄編訳、大貫隆史・近藤康裕・田中裕介との共訳、みすず書房、2013年
  • トニー・ジャット、ティモシー・スナイダー(聞き手)『20世紀を考える』みすず書房、2015年
  • レイモンド・ウィリアムズ『想像力の時制——文化研究II』川端康雄編訳、遠藤不比人・大貫隆史・鈴木英明・山田雄三との共訳、みすず書房、2016年
  • トニー・ジャット(著)、ジェニファー・ホーマンズ(編)『真実が揺らぐ時──ベルリンの壁崩壊から9.11まで』西亮太・星野真志・田尻歩との共訳、慶應義塾大学出版会、2019年
  • 河野真太郎(編)『暗い世界──ウェールズ短編集』川端康雄・山田雄三・中井亜佐子・西亮太との共訳、堀之内出版、2020年

脚注

参考

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.