河本一郎

河本 一郎(かわもと いちろう、1923年大正12年〉2月27日 - 2017年平成29年〉4月18日[1])は、日本法学者商法証券取引法)、弁護士勲等勲二等学位法学博士神戸大学1975年)。神戸大学名誉教授神戸学院大学名誉教授、日本学士院会員大阪弁護士会所属。

かわもと いちろう
河本 一郎
日本学士院により
公表された肖像写真
生誕 1923年2月27日
大阪府
死没 (2017-04-18) 2017年4月18日(94歳没)
兵庫県神戸市
居住 日本
国籍 日本
研究分野 法学
研究機関 神戸大学
神戸学院大学
主な業績 「手形法における悪意の抗弁」の発表
「河本フォーミュラ」の提唱
プロジェクト:人物伝

神戸大学法学部教授、神戸大学法学部学部長、神戸学院大学法学部教授などを歴任した。

概要

商法などを専攻する大阪府出身の法学者である。1958年に『民商法雑誌』誌上で論文「手形法における悪意の抗弁」を発表した。そこで発表された理論は、後に商法の手形・小切手法の分野において、「河本フォーミュラ」と称されるようになった。また、学位論文「有価証券振替決済制度の研究」により、1975年神戸大学より法学博士学位を授与された。神戸大学、神戸学院大学で教鞭を執り、のちに両大学の名誉教授に就任するとともに、日本学士院会員に選任された。また、大阪弁護士会に所属する弁護士でもある。

略歴

  • 1951年3月 - 京都大学法学部卒業
  • 1953年12月 - 神戸大学法学部助教授
  • 1964年4月 - 神戸大学法学部教授
  • 1975年11月 - 法学博士(神戸大学)[2]
  • 1980年1月 - 神戸大学法学部長(1982年3月まで)
  • 1986年3月 - 神戸大学定年退官
  • 1986年4月 - 神戸大学名誉教授、神戸学院大学法学部教授、弁護士登録
  • 1995年3月 - 神戸学院大学退職
  • 1995年4月 - 神戸学院大学名誉教授
  • 1995年12月 - 日本学士院会員

栄典

著書

  • 『約束手形法入門』有斐閣双書 1964
  • 『有価証券振替決済制度の研究』有斐閣 1969
  • 『現代会社法』商事法務研究会 1973
  • 『解説・会社法改正 その1(株式)』日本評論社 1980
  • 『商事法研究』全3巻 成文堂
第1巻 有価証券法研究 2000
第2巻 株券の法理 2013
第3巻 手形法における悪意の抗弁 2016

共編著

  • 『手形法・小切手法』大隅健一郎共著 有斐閣 ポケット註釈全書 1959
  • 『証券取引法』鈴木竹雄共著 有斐閣 法律学全集 1968
  • 『手形小切手の法律相談』河合伸一共編 有斐閣 法律相談シリーズ 1968
  • 『ドイツと日本の会社法』ハンス・ヴュルディンガー共編 商事法務研究会 1969
  • 『商法講義 第3巻 手形・小切手』共著 青林書院新社 1970
  • 『証券取引の実務相談』大武泰南神崎克郎共編 有斐閣 実務相談シリーズ 1970
  • 『入門銀行取引法講座 第3 貸付』正亀慶介共著 金融財政事情研究会 1970
  • 『改正証券取引法の解説 問答式』神崎克郎共著 中央経済社 1971
  • 『手形・小切手事故百科』星川長七服部栄三共編 金融財政事情研究会 1972
  • 『法律問題の基礎知識 現実をとおして法律感覚を養なう』窪田隼人荒秀西原春夫石田喜久夫野村好弘共編 有斐閣 1972
  • 『企業・経営と法 現代企業法入門』上柳克郎共編 有斐閣選書 1973
  • 『厳選商法問題演習』堀口亘共編著 中央経済社 1973
  • 『会社法務事故百科』星川長七、服部栄三共編 金融財政事情研究会 1974
  • 『新商法演習 問題と解答 3 手形・小切手』共著 有斐閣 1974
  • 『手形法・小切手法小辞典』編著 中央経済社 1974
  • 『基礎法律学大系 24 実用編 会社法の基礎』橋本孝一共編 青林書院新社 1975
  • 『商法問題演習 厳選』堀口亘共編著 中央経済社 1975
  • 『銀行取引法講座』加藤一郎林良平共編 金融財政事情研究会 1976-77
  • 『商法 2 総則・商行為・手形小切手』編 日本評論社 判例と学説 1977
  • 『商法入門』北沢正啓共編 有斐閣新書 1977
  • 『注釈手形法・小切手法』大隅健一郎共著 有斐閣 1977
  • 『判例コンメンタール 11-13 商法』大隅健一郎、戸田修三共編 三省堂 1977
  • 『経営参加と企業公開の法理』編著 中央経済社 1979
  • 『証券取引ハンドブック』大武泰南、神崎克郎共編 ダイヤモンド社 1982
  • 『法学用語小辞典』中野貞一郎共編 有斐閣双書 1983
  • 『株券保管振替法Q&A 制度利用の仕組みと実際』大武泰南共著 有斐閣ビジネス 1984
  • 『かくれた株主 実質株主管理と開示政策』大武泰南共著 商事法務研究会 1986
  • 『証券取引法 転換期の市場・制度・企業』大武泰南共著 日本経済新聞社 1987
  • 『株式会社法教材 増補版』編 商事法務研究会 1989
  • 『商法』全3巻 編著 三省堂 判例マニュアル 1989
  • 『手形小切手法小辞典 増補版』田辺光政共編著 中央経済社 1989
  • 『企業金融と商法改正 1従業員持株制度』河合伸一、前田雅弘、上柳克郎、神崎克郎、岡本昌夫森本滋共著 有斐閣 1990
  • 『約束手形法入門 第4版』田辺光政共著 有斐閣双書 1990
  • 『株券保管振替の実務』藤原祥二半沢保博中西敏和共著 商事法務研究会 1991
  • 『第三者割当増資 企業金融と商法改正』共著 有斐閣 1991
  • 『手形小切手の法律相談 新版』田辺光政、河合伸一、西尾信一共編 有斐閣 法律相談シリーズ 1992
  • 『証券取引法読本』大武泰南共著 有斐閣 1993
  • 『日本の会社法』川口恭弘共著 商事法務研究会 1993
  • 『会社法辞典』今井宏森田章共編著 中央経済社 1994
  • 『解説実務書式大系 13 開示計算公開 企業編4』森田章共編 三省堂 1994
  • 『解説実務書式大系 12 会社の機関 企業編3』菊池洋一、神崎克郎共編 三省堂 1994
  • 『解説実務書式大系 10-11 会社の組織 企業編1-2』菊池洋一共編 三省堂 1994
  • 『解説実務書式大系 14 有限会社その他の会社 企業編5』井上勝美村田溥積共編 三省堂 1994
  • 『解散会社の取引きと税・法務』編 関西実務法学研究会執筆 システムファイブ 経営戦略法務シリーズ 1997
  • 『改正会社合併の税と法務』編 三省堂 1998
  • 『会社法 鑑定と実務』今井宏共著 有斐閣 1999
  • 『現代手形小切手法講座 第2巻』永井和之龍田節前田庸伊沢和平、服部栄三、高窪利一小橋一郎倉沢康一郎共編 成文堂 2000
  • 『起業のための税と法務』実務法学研究会共編著 三省堂 2003
  • 『鑑定意見会社法・証券取引法』今井宏共著 商事法務 2005
  • 『合併の理論と実務』今井宏,中村直人菊地伸、中西敏和、堀内康徳共著 商事法務 2005
  • 『金融商品取引法の理論と実務』龍田節共編 経済法令研究会 別冊金融・商事判例 2007
  • 『金融商品取引法読本』大武泰南共著 有斐閣 2008
  • 『新・金融商品取引法読本』大武泰南、川口恭弘共著 有斐閣 2014
  • 『非上場株式の評価鑑定集』濵岡峰也共著 成文堂 2014
  • 『新・日本の会社法』川口恭弘共著 商事法務 2015
翻訳
  • E.J.メストメッカー『法秩序と経済体制 メストメッカー教授論文翻訳集』上柳克郎共監訳 商事法務研究会 1980
記念論文集
  • 『証券取引法大系 河本一郎先生還暦記念』竜田節、神崎克郎編 商事法務研究会 1986

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.