沙茶醤

沙茶醤中国語: 沙茶)は、主に福建料理潮州料理および台湾料理において使用される調味料インドおよび東南アジアを起源とする。大豆油にんにくエシャロット唐辛子、ブリルの魚、干しエビを原料とし、 [1]旨味と辛味をあわせもつ。

沙茶醤
パクチーが添えられた市販の沙茶醤。火鍋のタレとして用いられる。
繁体字 沙茶
簡体字

沙茶醤には以下に示した様に複数の用途がある。

  • スープのベースとして
  • バーベキューの際の下味用香辛料として
  • 炒め物に用いる調味料として
  • 料理などにおけるタレとして

沙茶醤は福建語でsateと呼称されるが、これは元来東南アジアの調味料である「サテソース」が中国に伝来したことを示している。ただし、その由来となった東南アジアのサテソースは、ピーナッツを主たる材料とする点で沙茶醤とはかなり異なっている。

関連項目

参考文献

  1. Mary Kate Tate & Nate Tate (2011). Feeding the Dragon. Kansas City, Missouri, USA: Andrews McMeel Publishing Ltd.. p. 270. ISBN 978-1-4494-0111-5. https://books.google.com/books?id=axIz6fULaa0C&pg=PA270&dq=shacha+sauce#q=shacha%20sauce 2012年4月12日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.