沔州 (湖北省)

沔州(べんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から唐代にかけて、現在の湖北省中南部に設置された。

魏晋南北朝時代

南朝梁により設置された梁安郡沔陽郡を前身とする。

西魏により梁安郡は魏安郡と改称され、江州が置かれ、江州の州治が甑山県に置かれた。間もなくに魏安郡は汊川郡と改称された。554年廃帝3年)、江州は沔州と改称された[1]568年光大2年)、南朝陳程霊洗北周の沔州を攻め落とした[2]

北周により沔陽郡の建興県復州が置かれた。

隋代

隋代が成立すると当初は3郡4県を管轄した。583年開皇3年)、復州の属郡は廃止され、復州の州治は竟陵県に移された。603年仁寿3年)、復州の州治が建興県にもどされた。606年大業2年)、復州は沔州と改称された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い沔陽郡と改称され、下部に5県を管轄した。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
復州荊州沔陽郡
沔陽郡竟陵郡汊川郡監利郡沔陽県 竟陵県
甑山県 監利県
漢陽県
建興県竟陵県 京山県甑山県監利県

唐代

621年武徳4年)、朱粲を滅ぼすと、沔陽郡の漢陽県に沔州が置かれた。漢陽県を分割して汊川県が新設された。742年天宝元年)、沔州は漢陽郡と改称された。758年乾元元年)、漢陽郡は沔州の称にもどされた。763年宝応2年)、安州孝昌県が分離されて沔州に属した。沔州は淮南道に属し、漢陽・汊川・孝昌の3県を管轄した。781年建中2年)、沔州は廃止された。783年(建中4年)、再び沔州が立てられた。818年元和13年)、孝昌県が安州の属県にもどされた。826年宝暦2年)、沔州は廃止され、鄂州に編入された[3]

脚注

  1. 周書』文帝紀下
  2. 陳書』程霊洗伝
  3. 新唐書』地理志五による。『旧唐書』地理志三によると、沔州は833年大和7年)に鄂岳節度使牛僧孺の上奏により廃止され、鄂州に編入されている。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.