池河連

池 河連(チ・ハリョン、1912年 - 1960年)は、日本統治時代の朝鮮連合軍軍政期南朝鮮朝鮮民主主義人民共和国女性小説家。本名は李 現郁朝鮮文学家同盟常任委員などとして活動し、第1回朝鮮文学賞受賞。

池河連
各種表記
ハングル 지하련
漢字 池河連
発音: チ・ハリョン

生涯

日本統治時代の朝鮮慶尚南道居昌郡の裕福な家に生まれ、当時の女性としては珍しく日本に留学し、旧制東京商科大学(現一橋大学)を卒業した[1]日本の降伏後、朝鮮文学家同盟常任委員などとして活動し、1946年7月の機関紙『文学』創刊号で発表した作品「道程」により第1回朝鮮文学賞を受賞した。1947年に北朝鮮に移るが、朴憲永派が失脚したのち、夫の林和が処刑されたのを知り、発狂して死去したとされる[2]

脚注

  1. 《경남도민일보》 (2005.5.21) 마산창원 역사읽기/ 공기 좋은 마산의 표본, 결핵병원(하)
  2. 《조선일보》 (2001.9.5) 월북작가 임화(林和)의 기구한 운명
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.