江上信雄

江上 信雄(えがみ のぶお、1925年1月5日 - 1989年10月17日)は日本生物学者。東京大学名誉教授。国立環境研究所元所長。日本動物学会元会長(1979年-1982年、1987年-1989年)。理学博士

江上 信雄
人物情報
生誕 1925年1月5日
日本 石川県金沢市
死没 (1989-10-17) 1989年10月17日(64歳没)
国籍 日本
出身校 東京帝国大学理学部動物学教室
学問
研究分野 生物学
研究機関 東京大学
国立放射線医学総合研究所
山口大学
国立環境研究所
博士課程
指導学生
嶋昭紘
田口泰子
青木一子
酒泉満
三谷啓志
島田敦子
成瀬清
佐藤矩行
学位 理学博士
称号 東京大学名誉教授
主な業績 メダカを用いた生殖生物学放射線生物学の研究
主要な作品 『メダカに学ぶ生物学』(中公新書931、中央公論社、1989年)
学会 日本動物学会
主な受賞歴 日本動物学会賞(1963年)
紫綬褒章(1988年)
従三位(1989年)
勲二等旭日重光章

来歴・人物

石川県金沢市出身。東京帝国大学理学部動物学教室を1947年卒業後、同大学理学部動物学教室助手、講師を経て、1961年国立放射線医学総合研究所の生物研究部室長、後に部長。1970年同大学理学部動物学教室教授。同大学理学部長、日本学術会議委員、原子力委員会専門委員、東京大学総合研究資料館館長、東京大学評議員、放射線審議会委員、宇宙科学研究所評議委員、国立岡崎基礎生物学研究所評議員、国立遺伝学研究所評議員などを歴任。1985年東京大学を定年退職後、山口大学教授を経て、国立環境研究所所長に就任。

  • 1956年、東京大学にて理学博士。論文の題は「雄性物質処理をした雌メダカの雄性物質発現に関する実験的研究」[1]

メダカを用いた研究

学生時代からメダカを研究材料として選び、生殖生物学放射線生物学を中心に多くの業績を上げた。メダカを用いた老化や発ガンの研究を進展させるとともに、多数の共同研究者を育て、メダカ生物学の発展に中心的役割を果たした。彼に師事したメダカの生物学関連の研究者には、嶋昭紘田口泰子青木一子酒泉満三谷啓志島田敦子成瀬清などがいる。佐藤矩行も門下。

学問的能力、管理的能力の他にも文才に恵まれ、多くの著作を著した。

大腸癌のため、逝去、享年64。療養中に最後の著作「メダカに学ぶ生物学」(中公新書931、中央公論社、東京、1989年)を完成させた。これには自分自身の研究の経過とともに、メダカの研究史も紹介されている。

辞世の句

優しく洒脱な性格は、死後、彼の妻によって発見された辞世(「早生まれ 早寝早起き 早がてん 浄土へまいるも ちょっと早めに。合掌。」)にも現れている。

栄典・受賞

脚注

  1. 博士論文書誌データベース

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.