永元 (漢)

永元(えいげん)は、後漢和帝劉肇の治世に行われた最初の元号89年 - 105年

永元17年は4月改元されて元興元年とされた。

出来事

  • 元年:竇憲、北匈奴に大勝する。81部20余万人が投降。班固がその功績を石碑に刻む。
  • 2年:班超大月氏を破る。
  • 3年:西域都護を復活し班超を任命。
  • 4年:竇憲が和帝と宦官鄭衆に誅され自殺。鄭衆が権力を握る。班固獄死。
  • 9年:班超、甘英を大秦国(ローマ帝国)に派遣。
  • 12年:許慎の『説文解字』が完成。
  • 14年:班超が洛陽に帰還、死去。

西暦・干支との対照表

永元元年2年3年4年5年6年7年8年9年10年
西暦89年90年91年92年93年94年95年96年97年98年
干支己丑庚寅辛卯壬辰癸巳甲午乙未丙申丁酉戊戌
永元11年12年13年14年15年16年17年
西暦99年100年101年102年103年104年105年
干支己亥庚子辛丑壬寅癸卯甲辰乙巳

関連項目

前の元号:
章和
中国の元号
後漢
次の元号:
元興
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.