永代通り

永代通り(えいたいどおり)は、国道1号国道20号東京都道10号東京浦安線東京都道403号大手町湯島線の各路線の一部を東西に継ぐ、東京都通称道路名設定公告で告示された道路の通称である。この名称は、隅田川にかかる永代橋を通ることに因む。

一般国道一般都道
東京都内の通り
永代通り
西端 東京都千代田区
東端 東京都江東区
■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路
大手門交差点から東方を望む。
清砂大橋西詰交差点を境に東西で通称が変わる。

概要

東京都千代田区皇居大手門前の大手門交差点から江東区の清砂大橋西詰交差点に至る道路であり、東京都都市計画道路環状1号線放射16号線の一部として指定されている。

歴史

路線状況

路線は以下のようになっている。

道路施設

中央線変移区間

  • 永代橋付近:通常は西行きが3車線・東行きが2車線になっているが、渋滞状況に応じて不定期に東行きを3車線にすることがある。

地理

通過する自治体

交差する道路

(右の「表示」を押す)

鉄道

ほぼ全線にわたり、東京メトロ東西線が並行する。

並行する鉄道

周辺の鉄道

主なバス路線

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.