永井均

永井 均(ながい ひとし、1951年11月10日 - )は、日本哲学者日本大学文理学部哲学科教授。専攻は哲学倫理学[1][2]

経歴

著作

単著

  • 『〈私〉のメタフィジックス』勁草書房1986年
  • 『〈魂〉に対する態度』勁草書房 1991年
  • 『ウィトゲンシュタイン入門』筑摩書房ちくま新書1995年
  • 『翔太と猫のインサイトの夏休み――哲学的諸問題へのいざない』ナカニシヤ出版、1995年。のちちくま学芸文庫2007年
  • 『〈子ども〉のための哲学』講談社講談社現代新書1996年
  • 『ルサンチマンの哲学』河出書房新社1997年
    • 改題『道徳は復讐である』河出書房新社、河出文庫、2009年11月(文庫化に際して川上未映子との対談を追加収録)
  • 『子どものための哲学対話』講談社、1997年7月。のち講談社文庫、2009年8月
  • 『〈私〉の存在の比類なさ』勁草書房、1998年。のち講談社学術文庫、2010年7月
  • 『これがニーチェだ』講談社、講談社現代新書、1998年
  • 『マンガは哲学する』講談社、2000年。のち講談社プラスアルファ文庫、2004年8月。のち岩波現代文庫、2009年4月
  • 『転校生とブラック・ジャック――独在性をめぐるセミナー』岩波書店2001年。のち岩波現代文庫、2010年5月
  • 『倫理とは何か――猫のアインジヒトの挑戦』産業図書2003年。のち、ちくま学芸文庫、2011年1月
  • 『私・今・そして神――開闢の哲学』講談社、講談社現代新書、2004年
  • 西田幾多郎――「絶対無」とは何か』NHK出版2006年
    • 『西田幾多郎 言語、貨幣、時計の成立の謎へ』角川ソフィア文庫、2018年11月
  • 『なぜ意識は実在しないのか』岩波書店、2007年
    • 『改訂版 なぜ意識は実在しないのか』岩波書店、岩波現代文庫、2016年6月 ISBN 9784006003500
  • 『ウィトゲンシュタインの誤診―『青色本』を掘り崩す』ナカニシヤ出版、2012年
    • 『『青色本』を掘り崩す――ウィトゲンシュタインの誤診』講談社学術文庫、2018年2月
  • 『哲学の密かな闘い』ぷねうま舎、2013年
  • 『哲学の賑やかな呟き』ぷねうま舎、2013年
  • 『哲おじさんと学くん』日本経済新聞出版社、日経プレミアシリーズ、2014年 のち岩波現代文庫、2021年1月
  • 『存在と時間 哲学探究1』文藝春秋、2016年
  • 『世界の独在論的存在構造 哲学探究2』春秋社、2018年8月

共著

  • 『なぜ人を殺してはいけないのか?』小泉義之、河出書房新社、1998年
  • 『〈私〉の哲学を哲学する』入不二基義上野修青山拓央、講談社、2010年
  • 『考える方法: <中学生からの大学講義>2』池内了ほか、筑摩書房、ちくまプリマー新書、2015年2月
  • 『マインドフルネス最前線』香山リカほか、サンガ新書、サンガ、2015年10月 ISBN 9784865640229
  • 『哲学者に会いにゆこう』木村敏ほか・田中さをり編集、ナカニシヤ出版、2016年4月 ISBN 9784779509926
  • 『〈仏教3.0〉を哲学する』藤田一照山下良道春秋社、2016年9月 ISBN 978-4393135921
  • 『知のスクランブル: 文理的思考の挑戦』日本大学文理学部(編)、古川隆久ほかとの共著、筑摩書房、ちくま新書、2017年02月
  • 『香山リカと哲学者たち』香山リカ、中島義道、入不二基義、ぷねうま舎、2017年3月
  • 『今という驚きを考えたことがありますか マクタガートを超えて』大澤真幸左右社、2018年6月
  • 『〈仏教3.0〉を哲学する バージョンII』藤田一照山下良道春秋社、2020年2月

共編著

訳書

共訳

  • バリー・ストラウド『君はいま夢を見ていないとどうして言えるのか』 岩沢宏和壁谷彰慶清水将吾土屋陽介との共訳、春秋社、2006年

論文

連載

(2017年5月現在)

  • 「存在と意味 哲学探求2」(Web春秋)[4]

脚注

注釈

    出典

    1. 永井均『哲学の賑やかな呟き』 ぷねうま舎、2013年9月、著者紹介。
    2. Hitoshi Nagai”. 哲楽編集部. 2017年2月5日閲覧。
    3. 理事長挨拶 - 社会福祉を支援する一般財団法人熊崎報恩財団”. 一般財団法人熊崎報恩財団. 2018年3月15日閲覧。
    4. Web春秋|春秋社”. 春秋社. 2017年5月28日閲覧。

    関連項目

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.