永井克孝

永井 克孝(ながい よしたか、1931年昭和6年)9月7日 - 2014年平成26年)6月23日)は、日本の生化学者、理学博士医学博士日本生化学会名誉会員、日本基礎老化学会名誉会員、日本神経化学会名誉会員、日本神経免疫学会名誉会員、日本糖質学会名誉会員、日本脂質生化学会名誉会員、米国生化学分子生物学会en:American Society for Biochemistry and Molecular Biology)名誉会員、理化学研究所名誉研究員、東京大学名誉教授。専門は糖鎖生物学[1]。妻は永井和子

略歴

新潟県新潟市出身。1950年昭和25年)3月に新潟高等学校を卒業、同年4月に東京大学に入学、木村雄吉前田護郎に師事[2][3][4]1954年(昭和29年)3月に東京大学教養学部教養学科を卒業。

1958年(昭和33年)4月に東京大学伝染病研究所助手に就任、山川民夫に師事[4]1963年(昭和38年)4月に東京大学教養学部助手に就任。同年12月に東京大学から理学博士号を取得。

1966年(昭和41年)4月に東京大学教養学部助教授に就任、1968年(昭和43年)4月に東京大学医科学研究所細胞化学研究部助教授に就任、1974年(昭和49年)4月に東京都老人総合研究所生化学部部長に就任。

1977年(昭和52年)1月に東京大学から医学博士号を取得。1979年(昭和54年)4月に東京大学医科学研究所癌細胞学研究部教授に就任、1981年(昭和56年)5月に東京大学医学部生化学第二講座教授に就任。

1984年(昭和59年)4月に新潟大学脳研究所客員教授に就任[注 1]1987年(昭和62年)9月に第37代日本生化学会会長に就任[注 2]1988年(昭和63年)6月に「生理活性ガングリオシドの研究」で第29回藤原賞を受賞[4][5][6][7]

1991年平成3年)4月に東京都臨床医学総合研究所所長に就任[注 3]、1991年(平成3年)10月に理化学研究所 国際フロンティア研究システム 糖鎖機能研究グループ ディレクターに就任[注 4]

1992年(平成4年)6月に東京大学名誉教授の称号を受称、1994年(平成6年)11月に紫綬褒章を受章[4][5][6]1995年(平成7年)4月に三菱化学生命科学研究所取締役所長に就任[注 5]

1998年(平成10年)3月に理化学研究所 国際フロンティア研究システム システム長に就任[注 4]1999年(平成11年)10月に理化学研究所 国際フロンティア研究システム アドバイザーに就任[注 6]

2000年(平成12年)4月に理化学研究所 研究顧問に就任。2002年(平成14年)11月に勲三等旭日中綬章を受章[4][5][6][8]2004年(平成16年)2月に日本糖鎖科学コンソーシアムの設立とともに理事長に就任[9][10][注 7]

糖脂質の生理活性に関する研究や、糖鎖を介した細胞外リン酸化酵素の発見などで、細胞生物学に大きな影響をもたらし、世界における糖鎖生物学のリーダーの一人となった[5][11]

著書

  • 『脂質』野島庄七[共著]、朝倉書店、1969年。

編書

  • 『生化学ハンドブック』井村伸正大島泰郎黒川正則三浦謹一郎水島昭二[共編]、丸善、1984年。
  • 『続生化学実験講座 第5巻: 免疫生化学研究法』大沢利昭[共編]、東京化学同人、1986年。
  • 『レセプターの化学』野沢義則林恭三[共編]、化学同人、1987年。
  • 『新生化学実験講座 第4巻: 脂質III 糖脂質』牧田章脊山洋右[共編]、東京化学同人、1990年。
  • 『生命-「もの」と「かたち」』木村雄吉[著]、金子務[共編]、学会出版センター、1991年。
  • 『グリコバイオロジーシリーズ 1: 糖鎖の多様な世界』木幡陽箱守仙一郎[共編]、講談社、1993年。
  • 『グリコバイオロジーシリーズ 2: 糖鎖の細胞における運命』木幡陽・箱守仙一郎[共編]、講談社、1993年。
  • 『グリコバイオロジーシリーズ 3: 細胞社会のグリコバイオロジー』木幡陽・箱守仙一郎[共編]、講談社、1993年。
  • 『グリコバイオロジーシリーズ 6: グリコパソロジー』木幡陽・箱守仙一郎[共編]、講談社、1993年。
  • 『グリコバイオロジーシリーズ 5: グリコテクノロジー』木幡陽・箱守仙一郎[共編]、講談社、1994年。
  • 『グリコバイオロジーシリーズ 4: グリコジーンとその世界』木幡陽・箱守仙一郎[共編]、講談社、1994年。
  • 『糖鎖: I. 糖鎖と生命』東京化学同人、1994年。
  • 『糖鎖: II. 糖鎖と病態』東京化学同人、1994年。
  • 『糖鎖: III. 糖鎖の分子設計』東京化学同人、1994年。
  • 『生命のかたち 木村雄吉の学問と思策』木村雄吉[ほか著]、金子務[共編]、学会出版センター、2004年。

監修書

  • 『未来を拓く 糖鎖科学』川嵜敏祐伊藤幸成木曽真鈴木明身谷口直之成松久長谷純宏古川鋼一小川智也楠本正一[編]、金芳堂、2005年。

論文

脚注

注釈

  1. 1993年平成5年)3月に退任。
  2. 1988年昭和63年)10月に退任。
  3. 1995年(平成7年)3月に退任。
  4. 1999年(平成11年)9月に退任。
  5. 2004年(平成16年)3月に退任、同年4月に顧問に就任、2006年(平成18年)3月に退任。
  6. 2000年(平成12年)3月に退任。
  7. 2010年(平成22年)5月に退任。

出典

  1. 永井克孝氏が死去 東京大名誉教授 - 日本経済新聞社、2014年。
  2. 生化学者の無教会派 永井克孝兄へのオマージュ金子務公式サイト
  3. 財団ニュース』平成26年度第1号、4頁。
  4. JSCR Newsletter』第18巻第2号、17頁。
  5. 財団ニュース』平成26年度第1号、3頁。
  6. 『生命のかたち―木村雄吉の学問と思策 (人と学問選書)』著者略歴 - Amazon.co.jp
  7. 藤原賞受賞者 藤原科学財団
  8. 「2002年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2002年11月3日朝刊
  9. 日本糖鎖科学コンソーシアム:概要:経緯
  10. 日本糖鎖科学コンソーシアム:概要:理事長あいさつ
  11. JSCR Newsletter』第18巻第2号、17頁。『基礎老化研究』第38巻第3号、61頁。

参考文献

関連文献

外部リンク

学職
先代:
大沢利昭
日本生化学会会長
第37代:1987年 - 1988年
次代:
沼正作
先代:
設立
日本糖鎖科学コンソーシアム会長
初代
次代:
川嵜敏祐
先代:
今堀和友
三菱化学生命科学研究所所長
第4代:1995年 - 2004年
次代:
関谷剛男
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.