水路業務法

水路業務法(すいろぎょうむほう、昭和25年4月17日法律第102号)は、水路測量の成果その他の海洋に関する科学的基礎資料を整備し、もつて海空交通の安全の確保に寄与するとともに、国際間における水路に関する情報の交換に資することを目的とした日本法律

水路業務法

日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和25年4月17日法律第102号
種類 行政手続法
効力 現行法
主な内容 水路測量によって海上交通の安全確保
関連法令 測量法
条文リンク e-Gov法令検索

構成

  • 第1章 - 総則(第1条~第5条)
  • 第2章 - 水路測量及び海象観測の実施等(第6条~第20条)
  • 第3章 - 水路測量及び海象観測の成果(第21条~第25条)
  • 第4章 - 水路に関する業務の受託(第26条)
  • 第5章 - 削除
  • 第6章 - 罰則(第28条~第30条)
  • 附則

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.