毛利治親

 
凡例
毛利治親
毛利治親像(毛利報公会蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦4年6月15日[1]1754年8月3日
死没 寛政3年6月12日1791年7月12日[1]
改名 岩之允[1]幼名)→徳元[1]→治元[1]→治親[1]
戒名 容徳院殿前二州太守大官令四品拾遺補闕仁山応寿大居士[1]
墓所 山口県萩市大照院[1]
官位 従五位下壱岐[1]、従四位下[1]、侍従[1]、大膳大夫[1]
長州藩藩主
父母 父:毛利重就[1]、母:立花貞俶娘・登代子(瑞泰院)[1]
兄弟 匡満治親匡芳親著
正室:田安宗武の娘・とき子(邦媛院)[2]
側室:小泉氏(明善院)[3]、岡田氏(宝池院)[4]
斉房[5]斉熙[5]細川興昶[5]熙載毛利房直養子)[3]水野忠篤[3]、多美(有馬頼端婚約者)[2]、他

毛利 治親(もうり はるちか)は、長州藩8代藩主。第7代藩主・毛利重就の四男[1]嫡出子

生涯

宝暦4年(1754年)6月15日、江戸で生まれる[1]。四男だったが正室の子で[1]、かつ重就が養嗣子にしていた重広(従兄にあたる)や実兄たちが相次いで早世したため、世子となる。明和5年(1768年)3月に元服して従五位下、壱岐守に叙任する。後に従四位下に叙任し、将軍徳川家治から偏諱を受けて、初名の徳元のりもとから治元はるながに改名した(後に治親と改名)。

薩摩藩の「近秘野艸」(『鹿児島県史料』「伊地知季安著作史料集六」所収)では天明元年(1781年)生まれの奥平昌高が治広(松平大膳大夫治元)の養子になっていたとしている。

天明2年(1782年)8月28日、父の隠居により跡を継ぐが[1]、寛政元年(1789年)に父が死去するまでは実権は全くなく、また父の死からわずか2年後の寛政3年(1791年)6月12日に江戸で死去したため[1]、治績などはほとんどない影の薄い藩主であった。享年38[1]。跡を長男の斉房が継いだ。

墓所は山口県萩市椿の大照院[1]

系譜

偏諱を受けた人物

治親時代 (*「親」の字は南北朝期の毛利氏当主(毛利時親貞親親衡師親(元春)の4代)が代々使用した字でこれに由来する)

脚注

    参考文献

    • 時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.