比誘電率

比誘電率(ひゆうでんりつ、英語: relative permittivity)とは媒質誘電率真空の誘電率の比 のことである。比誘電率は無次元量であり、用いる単位系によらず、一定の値をとる。

比誘電率
relative permittivity
量記号 εr
次元 無次元量
種類 スカラー

主な物質の比誘電率

主な物質の比誘電率を以下に記す。

物質名比誘電率備考(温度依存性、周波数依存性)
チタン酸バリウム約5,000
ロッシェル塩約4,000
シアン化水素118.818℃
80.420℃(温度によって大きく変化する)
アルコール16~31
ダイヤモンド5.6820℃、500~3000Hz
ガラス5.4~9.9
アルミナ (Al2O3) 8.5
木材2.5~7.7
雲母7.0常温
ガラスエポキシ基板 FR44.0~4.8
イオウ3.6~4.2
石英 (SiO2)3.8
ゴム2.0~3.5
アスファルト2.7
2.0~2.6
パラフィン2.1~2.5
空気1.00059

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.