比熱容量の比較

SI接頭辞 因数 J/(kgK) 物質名
デカ 101 0.09×103 ラドンガス[1]
ヘクト 102 0.12×103 ウラン[2]
0.13×103 [2]
0.14×103 液体水銀[2]
0.16×103 キセノンガス[2]
0.21×103 ヨウ素[2]
0.24×103 セシウム[2]
0.25×103 クリプトンガス[2]
0.31×103 塩化セシウム[3]
0.36×103 ルビジウム[2]
0.38×103 [2]
0.39×103 真鍮[4]
0.42×103 コバルト[2]
0.45×103 [2]
0.47×103 液体臭素[2]
0.48×103 塩素ガス[2]
0.51×103 ダイヤモンド[2]
0.52×103 アルゴンガス[2]
0.63×103 カルシウム[2]
0.69×103 塩化カリウム[5]
およそ0.7×103 ガラス[6]
0.71×103 黒鉛[2]
0.74×103 石英 (SiO2)[5]
0.76×103 カリウム[2]
0.82×103 フッ素ガス[2]
0.85×103 塩化ナトリウム[5]
0.90×103 アルミニウム[2]
0.92×103 酸素ガス[2]
キロ 103 1.01×103 空気(乾燥)[7]
1.03×103 ネオンガス[2]
1.04×103 窒素ガス[2]
1.13×103 塩化リチウム[5]
1.23×103 ナトリウム[2]
1.61×103 フッ化リチウム[3]
1.84×103 亜麻仁油 (20℃)[6]
2.04×103 菜種油 (20℃)[6]
2.08×103 水蒸気 (100℃)[8]
2.10×103 (0℃)[9]
2.22×103 オクタン[10]
2.38×103 ペンタン[10]
2.42×103 エタノール[10]
2.55×103 メタノール[10]
3.57×103 リチウム[1]
4.18×103 [8]
4.24×103 重水 (D2O)[8]
4.45×103 液体アンモニア (33℃)[8]
5.19×103 ヘリウムガス[2]
7.25×103 重水素ガス[8]
104 14.31×103 水素ガス[2][8]

出典

  1. 化学便覧』表10.40 の定圧モル熱容量と『原子量表 (2017)』の原子量から算出。
  2. 化学便覧』表10.39 の定圧モル熱容量と『原子量表 (2017)』の原子量から算出。
  3. 化学便覧』表10.42 の定圧モル熱容量と『原子量表 (2017)』の原子量から算出。
  4. Kaye and Laby Online.
  5. 化学便覧』表10.41 の定圧モル熱容量と『原子量表 (2017)』の原子量から算出。
  6. 理科年表』p. 514.
  7. 伝熱工学資料』p.295
  8. Thermophysical Properties of Fluid Systems.
  9. R10-06(2009) Table 6.
  10. 化学便覧』表10.45 の定圧モル熱容量と『原子量表 (2017)』の原子量から算出。

参考文献

  • 「10.3 熱容量」『化学便覧 基礎編』II、日本化学会 編、丸善出版、2014年、改訂5版。ISBN 978-4621073414。
  • 理科年表 平成30年』国立天文台 編、丸善出版、2017年。ISBN 978-4-621-30217-0。
  • 日本機械学会『伝熱工学資料』丸善出版、2009年、改訂5版。ISBN 9784888981842。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.