歳徳神

歳徳神(としとくじん、とんどさん)は、陰陽道で、そのの福徳を司る神である。年徳歳神正月さまなどとも言う。

歳徳神
(『安部晴明簠簋内傳圖解』)
恵方の方位

ほとんどのでは、最初の方のページに王妃のような姿の美しい姫神の歳徳神を記載している。歳徳神の由来には諸説あり、『簠簋内伝』では、牛頭天王の后・八将神の母の頗梨采女(はりさいじょ)であるとしているが、これはでたらめであるとの批判もある。また、牛頭天王が須佐之男尊習合したことから、その妃の櫛稲田姫とも同一視される。

かつては、初詣は自宅から見て恵方の方角の寺社に参る習慣があった(恵方詣り[1]。また、節分の行事として恵方を向いて「太巻きの丸かぶり」を行う恵方巻の風習が関西を中心に行なわれていたが、近年コンビニエンスストア等の宣伝やキャンペーンで全国に認知されつつある。なお、宣伝やキャンペーンにあたっては24方位ではなく日常的な16方位による簡便な説明が行われることが多い。

脚注

  1. 『年中行事事典』p.104 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.