武田医学賞

武田医学賞たけだいがくしょう)とは、医学界で顕著な業績を挙げ、優れた貢献を果たされた日本人研究者に贈られる賞。創設より1961年までは武田薬品工業が、1963年よりは武田科学振興財団が与えている。

概要

1954年に武田薬品工業株式会社の創業 170 周年記念事業の一つとして、和敬翁(五代武田長兵衞氏)の発意を受け、六代武田長兵衞氏により武田医学賞の褒賞事業が始まった。1963年に武田科学振興財団が設立され、移管された。

1963年財団設立以来の武田薬品工業からの寄附金、および1980年に武田彰郎氏(当時武田薬品工業副社長)により寄贈された同社株式の配当金が基盤になっている[1]

受賞者

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.