正慶

正慶しょうけいしょうきょう)は、日本元号の一つ。持明院統(後の北朝)方にて使用された。元徳の後、元弘の前。元弘2年/正慶元年(1332年)の4月28日(西暦5月23日)から元弘3年/正慶2年(1333年)の5月25日(西暦7月7日)までの期間を指す。この時代の天皇大覚寺統(南朝)の後醍醐天皇だが、幕府方は持明院統の光厳天皇を立てた。鎌倉幕府将軍は守邦親王執権北条守時

改元

元徳3年8月9日ユリウス暦1331年9月1日)、後醍醐天皇は「元徳」から「元弘」へと改元したが、鎌倉幕府はこれを認めず「元徳」を使い続けるとともに、9月20日10月22日)には光厳天皇を新たな天皇として即位させた。翌年、後醍醐天皇は隠岐に流され、元徳4年/元弘2年4月28日1332年5月23日)、光厳天皇は正慶に代始改元した。

しかし、正慶2年/元弘3年(1333年)、後醍醐天皇が還幸して鎌倉幕府は滅亡した。5月25日7月7日)に光厳天皇は退位し、正慶の元号は廃された。その翌年の元弘4年1月29日(1334年3月5日)には建武へと改元された。後醍醐天皇はこのとき、光厳天皇の即位と「正慶」の元号の無効を宣言した。

西暦との対照表

※は小の月を示す。

正慶元年(壬申一月二月※三月四月※五月六月七月※八月九月※十月十一月十二月※
元弘二年
ユリウス暦1332/1/282/273/274/265/256/247/248/229/2110/2011/1912/19
正慶二年(癸酉一月※二月閏二月※三月四月※五月六月※七月八月九月※十月十一月十二月※
元弘三年
ユリウス暦1333/1/172/153/174/155/156/137/138/119/1010/1011/812/81334/1/7

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.