機器分析化学

機器分析化学(ききぶんせきかがく)は分析化学の中で分析機器を用いた内容で、分光学構造解析学をひっくるめた総称である。機器分析学(ききぶんせきがく)とも呼ばれる。

概要

IR(赤外分光法)、NIR(近赤外線分光法)、ラマン分光(ラマン効果を利用した方法)やNMR(核磁気共鳴スペクトル法)、MS(質量分析法)やX線スペクトル法、X線回折法などを取り扱う。

定量分析ではUV,VIS(吸光光度法)、蛍光光度法(蛍光光度計)、AAS(原子吸光法)、ICP発光分析法などを扱い、この他、クロマトグラフィーなどの分離分析法やボルタンメトリーなどの電気分析法も扱う。

その他、DSC等(熱分析装置:分子構造等に応じた、熱エネルギー変化を解析する)や、TOC計による全有機炭素の定量等もある。

また、近年の技術的な進歩に伴い、これらの装置を応用(組み合わせ、複合化)されている装置もある。(例としてはGC-MS等)

機器分析にて使われる主な手法の一例[1]
番号実験方法得られる情報/効果
1光散乱分子量,拡散係数,回転半径
2蛍光スペクトルプローブ分子が存在するミクロ環境の性質
3円偏光二色性スペクトルαヘリックス含量,βシート含量
4沈降速度沈降係数,分子の形,ストークス半径,試料の純度
5沈降平衡分子量,試料の純度
6電気泳動試料の純度
7ゲルクロマトグラフィーストークス半径,試料の純度
8電子顕微鏡分子の形
9ELISA特定の抗原抗体の存在
10オートラジオグラフィー放射性元素組織内での分布
11 SDS電気泳動分子量
12核磁気共鳴吸収分子の立体描造,βシート含量,プロトンの置かれた磁気環境
13X線結晶解析分子量,αヘリックス含量,分子の立体描造,分子の形,βシート含量,原子間の距離
14アミノ酸 分析アミノ酸 含量
15エドマン分解N末端アミノ酸,アミノ酸配列

参考文献・脚注

参考文献

  1. 猪飼 篤 (著),野島 博 (著) 「生化学・分子生物学演習」第一版, 東京化学同人 (1995/06)

外部リンク

  • 日本薬局方の一般試験法の項目には、液体クロマトグラフ法,吸光度比法,原子吸光光度法等様々な機器分析について解説されている。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.