橋元正輝

橋元 正輝(はしもと まさてる、1887年明治20年)4月11日[1] - 1939年昭和14年)4月17日[1][2])は、大正から昭和期の政治家華族貴族院男爵議員

橋元正輝

経歴

海軍士官橋元正明の二男[3]として生まれる[1][4]。父の死去に伴い、1929年5月2日、男爵を襲爵した[5]

1911年慶應義塾大学理財科を卒業し[4]、さらに、1920年早稲田大学政治経済科を卒業した[2][3]。1911年、三菱合資会社に入社し、さらに同信託社員となる[2][4]

1932年7月、貴族院男爵議員に選出され[6]公正会に所属して活動し、死去するまで一期在任した[2]

親族

  • 母 - 倫子(りんこ、佐久間衛四女)[1][4]
  • 妻 - 富士見(ふじみ、北島多一長女)[1]
  • 長男 - 正一(男爵)[1]

脚注

  1. 『平成新修旧華族家系大成』下巻、355-356頁。
  2. 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』81-82頁。
  3. 『人事興信録』第11版 下、ハ30頁。
  4. 『華族畫報』下、929頁。
  5. 『官報』第700号、昭和4年5月3日。
  6. 『官報』第1664号、昭和7年7月18日。

参考文献

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成』下巻、社団法人霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第11版 下、1937年。
日本の爵位
先代:
橋元正明
男爵
橋元(正明)家第2代
1929年 - 1939年
次代:
橋元正一
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.