橈骨神経

橈骨神経(とうこつしんけい)は腕神経叢に由来する尺骨神経正中神経とならぶやや径の大きな神経で、解剖学的正位で、上腕部においては、上腕部内側橈骨神経溝、前腕部においては、橈骨に沿って外側を走行する。後上腕皮神経下外側上腕皮神経後前腕皮神経後骨間神経背側指神経に分枝する。

神経: 橈骨神経
The suprascapular, axillary, and radial nerves
ラテン語 nervus radialis
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
後上腕皮神経
下外側上腕皮神経
後前腕皮神経
後骨間神経
背側指神経
MeSH Radial+Nerve

支配筋

橈骨神経麻痺

橈骨神経麻痺は、ハネムーン症候群(honeymooner's palsy)、サタデーナイト症候群(Saturday night palsy)とも呼ばれる。

  • 原因としては上腕骨外果骨折、うたたね、注射などがある。
  • 症状は下垂手(垂れ手)。回外運動不能、手関節・手指伸展不能、手根・指屈曲位などの運動麻痺。上腕前腕の背面、手背橈側半の皮膚の知覚異常。
  • 治療穴は曲池穴手三里穴合谷穴孔最穴消濼穴


参考文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.