権田直助

権田 直助(ごんだ なおすけ、1809年2月26日文化6年1月13日) - 1887年明治20年)6月8日)は、幕末から明治前期の国学者・神道家・医者。

権田直助像(大山阿夫利神社蔵)

略伝

武蔵国入間郡毛呂本郷(現・埼玉県入間郡毛呂山町)出身。幼名を玄常、号は名越廼舎(なごしのや)。医術は野間廣春院、漢学は安積艮斎、国学を平田篤胤に学び、相楽総三落合直亮らとともに尊王攘夷運動に関わる。維新後は大学校の設立等に尽力し、大學中博士となる。皇典講究所文学部教授、神道本局顧問を歴任。晩年は神社再興の先駆者として大山阿夫利神社及び三嶋大社の長に任ぜられた[1]

明治40年(1907年)、正五位を追贈された[2]

参考文献

  • 中根粛治・編『慶長以来諸家著述目録 和学家之部』(1893年、青山堂支店)[3]

脚注

  1. 関隆治・編『國学者著述綜覧』森北書店、1943年、92p。
  2. 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.22
  3. 関隆治・編『國学者著述綜覧』森北書店、1943年、93p。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.