楕円体状変光星

楕円体状変光星[1]または回転楕円体変光星 (Rotating ellipsoidal variables[2]) は、変光星の分類の一つ。非常に接近した連星系が楕円体状の形状を成しており、光を放出する領域の形状が観測者から変化して見えることにより、公転周期に合わせて光度が変化するものである[2]。ただし、を起こしているものではない[2]。光度変化の幅は可視光領域で0.1等級を超えない[2]

典型例としておとめ座スピカが挙げられる[2]

脚注

  1. 『オックスフォード天文学辞典』朝倉書店、初版第1刷、79、248頁。ISBN 4-254-15017-2。
  2. GCVS Variability Types and Distribution Statistics of Designated Variable Stars According to their Types of Variability”. 変光星総合カタログ. 2016年8月21日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.